ID:

パスワード:

ガッキィファイター最新号は12月2日に発行されました。

今週の目次 第556-4号(12月2日)

■■第556-4号(12月2日)
□今週のコメント
 ◆後進国マインドを克服しカジノ法案成立へ
□社説
 ◆確率思考欠落症の方は、ぜひ年末ジャンボ宝くじを!
□お知らせ
 ◆クレド定例学習会のゲスト紹介


■■第555-3号(11月25日)
□脳梗塞になっちゃった。(27)
 ◆あれから1年が経つ


■■第555-2号(11月24日)
□今週のコメント
 ◆活字と103万円と円安の正体
□脳梗塞になっちゃった。(26)
 ◆「利き手」交代のとき
□お知らせ
 ◆『「松代大本営」の真実』(講談社現代新書)ーー現代史の謎解き研究冥利


■■第555-1号(11月22日)
□今週のコメント
 ◆朴大統領退陣デモに関する誤解
□お知らせ
 ◆『「松代大本営」の真実」』頒布の件


■■第555-4号(11月11日)
□今週のコメント
 ◆松代大本営ーーその建造開始の日に


■■第555-3号(11月10日)
□今週のコメント
 ◆トランプ異論


■■第555-2号(11月5日)
□社説
 ◆「気づき」に気づくとき(笑)
                                   



【メルマガのお申し込み】
*メルマガのバックナンバーがすぐにお読みいただけます。*


*メルマガの立ち読みはこちらから*


【第555-3号(11月10日)】

■■今週のコメント■■

★トランプ異論★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 米国大統領トランプ候補の、選挙戦術は上出来だった。金にモノを言わせたのはクリントン女史のほうだったし、票数に大きく差をつける州を確実に抑えたのはトランプだった。
 トランプといえばカジノ好きゆえ、さすがトランプと皮肉られたものだが、52枚で1セットのトランプは和製英語であり、かるたはポルトガル語である。日本以外では(プレイング)カードと呼ばれる。
 なぜこんなくだらないことを敢えて冒頭に書いたのか。そんな気分であっただけである。

 いや、昨日の開票がトランプ優位になりつつあった(日本時間の)午後4時前、在米のマスコミ記者は呆然としていた。顔は見ていないから呆然とは分からないが、そういう正直な愚痴で溢れていたのは確かなことだ。
 私は仕事をしながらNHKをチラチラ見ていたのだが、田中さんという在ニューヨークの解説者は、午後4時前まではずっと「予想どおりの闘い」とは言いながら「クリントン優位」というスタンスを1度も変えなかった。4:03分にクリントン陣営のトップが「結果判明は深夜になりそうなので、いったんお帰りください」と支援者にマイクを通して告げ、その4分後にクリントン女史本人がトランプ氏に敗北宣言を電話で伝えた。

 いったんクリントンの敗北が決定的になると、田中さんは淀みなく8点に渡って敗因をスラスラと語ったのだ。すごい。予定稿というヤツである。逆の結果なら当然、真逆の予定稿を暗記していた。さすがだよね。

「まさか、こんなことが」とつぶやいたニューヨーク支局員や北米総局の社員記者たちは、むしろ誠実だと思う。が、米国大統領のシステム上、最終決戦は「どちらが勝ってもおかしくない」のが普通なのである。が、記事や放送では「解説もの」と「暴動もの」を拾う。またしても「思い込み」に縛られている。

 (後略...続きは「ガッキィファイター」メルマガで)


【第554-3号(9月30日)】

■■社説■■

★質問と質問力と対話力はフェイズがまったく異相★━━━━━━━━━━━━★

 よく知られているように、質問には回答が前提されているだけでなく、回答がおおむね含まれている。およそ回答を想定しない質問など、まずありえないか、どちらかまたは双方ともアレであると認定してよい。
「明日はどこに行きましょう」との質問に、「隣のお宅に泥棒が入ったんだって」という回答を想定する必要はなく、もし常にそのような齟齬が意図的になされるなら喧嘩を売られているか、深刻な高次脳機能障害と考えられよう。

 これが営業課員の外回りの話であるなら、「そうですねえ。町田市の商店街はどうでしょう」というような、具体名を引き出すことに目的があり、その枠組みは冗談や脳クライシス以外崩壊することはない。
「火星に行きますか」や「リオに日帰りはどうですかね」は、冗談かおちょくりであると考えられる。
 質問をしっかり聞きとれたとして、その回答が「そのソックス、どこで買ったのですか? 先輩」は、質問の想定を逸脱しているだけでなく、別の問題が発生していると考える場面である。

 質問と質問力は、どう違うのか。マルクスの有名な例が適当だろう。労働と労働力の違いと非常に似ている。働き手は、労働を売ることなどできない。労働力なら切り売りすることができる。砂糖やスイーツは販売できるが、甘味だけを取り出して――。しつこいのか?
 では、やめておく。

(後略...続きは「ガッキィファイター」メルマガで)

【第544-1号(4月4日)】

■■社説■■

◆厚労省役人はお目々覚まそう★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 厚生労働省が新方針。今朝の日経は最も敏感に反応し、1面を飾った。「過剰なリハビリ削減へ」。脳卒中などの患者でリハビリが1日1~2時間と2時間超で機能回復に差がない、との根拠なき推量に基づく暴力的結論。Why?

 まず言っておきたいのは、厚生労働省の日本語力についてである。「リハビリ削減へ」と方針をさらに悪化させることには、たいていの教養ある国民は「どうして?」程度には思うだろう。厚労省が発する「過剰なリハビリ削減へ」は、否定を前提にした修飾語「過剰な」が冠せられているので、多くを騙せると思っている幼稚さ、または世論を舐めているのは相変わらずである。
「夫婦の過剰な性交渉回数は反少子化に逆効果――と厚労省」とかね。「過剰な飲酒は」やら「過労は」などときたら、「推進」のような肯定語は続かない。減らそう、という結論が先にある場合に、過剰な、が後付けされる、その典型だ。日経はスクープで独走したものの、厚労省の小学4年生なみの詐術を、疑問なく引き受けてしまった国語力には問題が残る。

 リハビリは、過剰なのか。私は現場にずっといる。普通は入院というわけだが、国の役人の訪問はゼロであり、たとえば年金詐欺大事件で、公務員以外の民間人会社勤務のデータを捏造し超大金を横領していたのと同様に、いろいろやってくれますなあ。

 朝食のときにご一緒した森本さんは高次脳機能障害ゆえ外見は健常に見えるものの、彼の目に映っている世界は独自なのである。階段と廊下の区別もついていない。リハビリに5~10カ月はかかる。衣川さんは、左側をメインとした身体麻痺と、言語障害と闘っている。なんとか聞き取れる機会が激増したが、リハビリ病院に1カ月半前(加えて急性期病院に1カ月いたのは、よくあるパターン)に来て、これから確実に伸びる時期だ。来たときはまったく話せなかったし、車椅子にも乗れず、左手も動かなかった。48歳である。いまは、少しずつ着実に改善してきた。
 3時間(トリアタマの厚生労働省が一律に決めた20分×9コマ)しかないので、言葉の障害については言語療法、手の快復は作業療法、歩行の獲得には理学療法が不可欠である。2時間以内と3時間に大した差がないに決まっているから、入院中のリハビリ時間をもっと減らせ、療法士の人員も減らせ、と言っているわけだ。患者は家に閉じこもって、ゆくゆくは寝たきりになれ、と。

 これでは、厚生労働省にとって、予算削減になるわけはない。むしろ増える。

(後略...続きは「ガッキィファイター」メルマガで)


 

           

 

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る

 

メールマガジンのお申し込み
最新号も、バックナンバーもすぐにお読みいただけます。
「古典講座」にもご参加いただけます。


◆労働時間を減らして所得倍増以上を果たし続けたい。
「クレド特別会員」へのお問い合わせはこちら

日垣隆事務所顧問弁護士団
東京都港区六本木1-8-7 アーク八木ヒルズ11階

verybest logo.gif
gentepdf147.jpg
当サイトのみで購入できます
zepanbar148.jpg
日垣隆著作のうち絶版本が電子書籍で甦りました。
当サイトやamazonで購入できます。

 
nihonnokiseki160.jpg
日本の奇跡--戦後歴代首相による施政方針演説集 
最新更新版 当サイト限定発売!

 
nihonnosensouribon160.jpg
日本の戦争を見に行く
当サイト・kindleで大ヒット販売中


matsusiro100.jpg
「松代大本営」の真実
当サイトのみで新品を販売中


tunagarudokushojutu100.jpg
つながる読書
知識と、世界と、人々と。読書からの新しいつながりかた

DBhyousi_a.png
日垣隆28年間の全著作データベース(Excel)
サラリーマンも過去の仕事を総点検するDBで新たなコンテンツを!
eigojuku-4160.jpg
もう英語では苦労しない――無駄を省いた最強のスパルタ英語45日間
日垣式スパルタ英語塾テキストを公開発売!
genpatsu_r.png
「本当のこと」が知りたい--広島・長崎・ビキニからフクシマまで--徹 底取材の全成果
当サイト限定発売!
jouhouhenosahou100_2.jpg
情報への作法
カーナビ、ネット社会、DNA、地方自治…21世紀の今様を先取り、予想したルポの決定版
絶賛販売中!

densishoseki120.jpg
電子書籍を日本一売ってみたけれど、やっぱり紙の本が好き。
自らのサイト上で電子書籍を販売してきた著者だからこそ語れる、紙の書籍の良さ。
絶賛販売中!

koukanngae100-2.jpg
こう考えれば、うまくいく。
サラリーマン時代より20倍の年収となった著者の心も情報もリッチになる「考え方」読本。
絶賛販売中!
Amazonからはこちら

rouvreriso160.jpg
PDF 魔羅の肖像-ルーヴル美術館を笑ふ-
大ベストセラー爆笑オリジナル写真集







soshite2.jpg
『そして殺人者は野に放たれる』
新潮ドキュメント賞受賞のロングセラー