ID:

パスワード:

【スパルタ式】英語力強化ゼミーーもう英語で苦労しない(もちろん途中までは苦労しますw)

英語講座ロゴ.jpg

 英語や金融知識やIT知識を駆使できない者は、必ず失業するというような言い方を目にするようになって、10年近くが経ちます。
しかし、英語は決して短時間では身につきません。継続的な一定の学習時間が必要です。多忙な日常の中、どうやってその時間を作り、語学学習の優先順位を上げられるか。その問題を熟慮し、英語学習体験から作り上げた学習法が「スパルタ英語塾」です。

苦しいけれども仲間たちの「監視効果」と「締切効果」で継続が可能になり、一方通行でない英語が駆使できる「画期的学習法」があります。


Toeic900点超えの最短距離! やり通した方には全額返金!


【次回英語塾開始までの独学に・復習に】
  
日垣塾英語学校 「もう英語では苦労しない(でも苦労するw)」 課題集【第2版】 日垣塾英語学校 第2期 「もう英語では苦労しない(でも苦労するw)」  課題集【改訂第二版】 日垣塾英語学校「もう英語では苦労しない―でも途中では苦労する(笑)―短期集中講座」 課題集 日垣塾英語学校「もう英語では苦労しない――無駄を省いた最強のスパルタ英語45日間」
やればできる―何歳からでも英語が身につく速習法―音声CD 2013年2月24 日(日) 英語力飛躍--ひとりでもできる--映像記録DVD 2013年2月24 日(日) 英語力飛躍--ひとりでもできる--音声記録DVD 2012年11月3 日(土) 英語スパルタ塾 特訓講座 音声記録DVD

【次回開講日決定次第お知らせいたします】
やり始めてギブアップ(次回に期そうと断念)された方は、その意志を表明し、初日から1週間だけやり抜いた方には全額返金、また全日ともやりきった方はスパルタ奨励賞として全額謹呈――
無料なのに、締切効果や大勢でつくる「やる気」を喚起する画期的教材と日本初のシステムです。


お申し込みはこちらから



【なぜスパルタ講座なのか】

毎日5分で英語がペラペラに、とか、逆に4年間は留学しないとモノにならない、という「よほどの人でないと不可能な方法」ではなく、従来の仕事を続けながら、(4年とかでは実際にモノにならない率は90%と言われています)むしろ2カ月とか100日とかの期限を決めたほうが効果絶大です。その期間だけは継続することで英語力UPが実感できるのです。


【特長1 徹底的アウトプット優先型】

語学を上達させる道は、第一に継続(しやすく、なおかつ継続しやすい教材)、第二にアウトプット優先型にすることです。
リスニングではなく「ディクテーション(聞き書き)」をすることで、重要単語の聞き取りだけではなく、前置詞や複数形、否定形、過去形などの語尾の聞き逃しをチェックでき、弱点が効果的に克服できます。

英作文は工夫を凝らした内容・テーマのものを出題します。継続することにより外国人とかなり深い議論ができるレベルに達することができます。日常的に(日本語でも)あまり考える機会がない事について英語で書くことで、思考力も上がり日本語の文章力も自然と上達します。


【特長2 監視効果で継続が楽に】

当英語塾はメーリングリスト(一斉送信・受信メール)による課題配信と課題提出を行っています。
ご自身の提出した回答は参加者全員読むことができます。初めは少し恥ずかしいと思われるかもしれませんが、「同志(ライバル)が毎日提出している」「こんな英作文を書いている」様子は日々刺激となり継続の大きモチベーションになります。
 
メーリングリストはスパルタ英語塾専用のメールアドレスを設定すればメールボックスの管理が楽になります。回答はニックネームで提出いただくので、ご本人と特定できないようにすることも可能です。

なお、個別配信による回答提出をご希望の場合も対応いたしたします。ただし個別提出の方の継続成功率だけは観客効果もないためか0%です。


【特長3 締切効果】

課題は毎日19時に配信。翌日24時まで提出となります。
締め切り時間があることで、優先順位の上位となり、多忙なビジネスパーソンでも工夫次第で継続が可能です。通勤時間に取り組んだり、TVの視聴時間を減らしたり、早起きしたり、飲み会に行くのを減らしたり......と、日常生活の過ごし方も変化します。


【語学のスタートに年齢は関係ありません】

語学は若い方が習得が速いと、よく言われます。確かにその通りかもしれません。しかし、それは「若い人」には意味があっても、20歳や30歳を過ぎた人に向かって同じことを言っても意味がありませんよね。若返るわけにはいかないのですから。

私たち各人は、すでに「その年齢」なのです。「その年齢」で必要が生じたら、やるしかありません。必要な時が必ずやってくると思えたら、できるだけ早めに準備することです。
 
確実に言えることは、毎日語学をやって「より下手になる」ことは絶対にない、「わずかずつでも、階段を昇るように、一定期間ごとにアップしてゆく」のは間違いありません。

外国語を毎日使って、もし下手になっていく人がいるのなら、ぜひ紹介してください。




英語講座ロゴ.jpg

スパルタ英語塾 次回開講日は決定次第お知らせいたします

お申し込みはこちらから



【以下の内容をお届けします】


(1)英作文
 敢えて出題文は日本語にします。英文で書き始めるハードルを下げ、「毎日」継続できるように。
 それもただの英作文ではありません。毎回、かなり工夫を凝らして、楽しみながら、また辞書の使い方も苦痛ではなくなるように仕掛けをしています。日本語で考えていないことを、外国語で表現できるわけがないのです。

(2)スパルタ式ディクテーション
 単なるリスニングではなく、短時間のわりにはリスニングの数十倍の梃子(てこ)がかかる「聞きとって書く」を採用。最強の教材です。毎日20秒~1分以内の課題(音声ファイル)を出題します。


(3)英訳または和訳
 生きた英語や挑んでみたくなる教材を選んで短いものをお届けします。表現力アップを目指してください。


◆◆◆◆◆最新のスパルタ英語塾からある日の課題です◆◆◆◆◆

「30日間集中特訓英語スパルタ講座」課題(第28回)←日垣隆

 皆様

 ますます寒くなりましたね。でも、軽く走ると、すぐポカポカしてきますよ。

 サバンナは標高が高いので過ごしやすく、走ってもチータには及ばず、夜は
湯たんぽ必須なのですよ。アフリカのサバンナは神の恵みとしか思えないこと
があります。

 冬のダウンは、すごいですよね。UNIQLOでも売っているのでしょうか。私の
子どもの頃はヤッケとか流行った記憶があります。ペラペラなのにね。もっと
幼いころは手ぶくろをなくさないように左右を毛糸で肩越しに繋げていました。
大人になってからもマフラーや傘や手ぶくろをよく失くすひと、いますよね。
きっと8歳かな。

 ダウンジャケットやコートは、軽くて、温かいのは良いとしても、レストラ
ンや喫茶などでハンガーのないところや少ないところでは、小さくなってもら
いたくないですか――近い将来、そなような繊維も一般化するでしょう。


 本日の和訳は、私が書いた本からの出題です。無視しないように。

 サイト:http://bit.ly/1aY4lFO

 本日の課題です。


(1)【英作文】

■dream come true■

 私の夢は、1.宇宙に出ること(月に行って帰ってくることではなく、1分で
も宇宙空間に出ること)と、2.これまで13の賞をもらってきましたが(一番デ
カい賞は32歳でもらった賞金2,000万円のもの。生活、助かりました)、それ
らはラッキーだったと思いますし、まあ妥当かな、くらいな生意気な受賞でし
た。20歳の時から唯一欲しいと願ってきたある賞を死ぬまでには必ずいただき
たいというのが、もう一つ譲れない夢です。

 皆様のデカい夢を聞かせてください。大きな夢はひとに語らないと、実現す
る可能性は限りなくゼロに近づきます。公言していると、何かのおりに、助け
てくれたり教えてくれたり結びつけてくれたりする友人知人が出てきてくれま
すが、「密かに」夢を秘めると誰も背中を押してくれませんしね。どうして、
その夢なのか、も語ってくださいね。

 夢を持ち、実現できるのは人だけです。他人事だと思って(笑)、とにかく
思い切り大きな夢を語りましょう!


(2)【ディクテーション】


■high-speed train travel(2)■

 RobとFinnの会話を書き取り下さい。

 http://gfighter.net/english/files/3_28.mp3


(3)【英訳】

以下の文章を英訳してください。↓


◆可能性

 おとなは子どもに向かって、「きみたちには無限の可能性がある」という言
い方をよくしてしまう。しかしその意味するところの実際は、「きみたちはま
だ何もしていない」である。これは別言すれば、「きみたちには決められた予
定はまだない」とも同義だ。もちろん、未定だらけであることは、決して悪い
ことではない。

 最近は、お受験しかり、公務員志向しかり、二世議員しかり。すでに決めら
れた予定を走らされる人々が再び――封建時代が以前そうであった――増えて
いる。徹底した「予定社会」になると、子どもたちは夢をもてなくなる。

 夢を持つ、ということは、予定調和な人生にしない、ということと実は同義
なのである。

(日垣隆『刺さる言葉』角川oneテーマ21より)


◆◆◆ とにか続けてください。絶対に後悔はさせません。◆◆◆


  

★スパルタ英語塾 授業料全額返金3割! の嬉しい悲鳴――のスパルタ英語塾を終えて――★


コンプレックスだらけの私(日垣)は、負けず嫌いの一人なのかもしれませんが、優先順位というものは当然考慮します。
スポーツも語学も、「若いほうが習得はずっと早い」のは、確かに傾向としてその通りだとは思います。が、若くはない(失礼)人に、「若いほうが――」と言っても意味がありませんよね。

必要性があれば、やる。
同時に、現実の世界では20年前と比べて英語を話す人口が20倍ほどには増えてきています。
このことは、メルマガでも何度か触れてきました。上司がシンガポール人やインド人になってからでも間に合わないわけではありませんが、そのような時代にすでに突入している以上、それなりに準備をしておくに越したことはないだろうとは思いませんか。

私が主催するスパルタ英語道場は、6回目を終えました。

通信講座にもかかわらず、独自に著作権料を払ってネイティブスピーカーのエッセイを「聞き取る」だけではなく、数倍以上にレバレッジがかかる「書き取る(ディクテーション)」と、母語(日本語)でそれなりに考えていないと書けない英作文課題を、「観客効果」と「締切効果」によって、最後までやり抜いてもらおうというオリジナルな教材を毎日配信、毎日回答してもらうというのが基本です。

が、かつての私と同様、途中で「脱落」する方が多い。
私はそれを「失敗」とは思っておらず、「女装」失礼「助走」、または「有意味な試練」と考えています。

けれども、毎日数時間を数カ月は続けないと、飛躍はできません。

そこで私は、「毎日回答を続けた方には授業料全額返金」という、ややアクロバティックな思いつきを得て、あらかじめ断言しました。

2週間ほどすると「息切れ」する方が続出したため、改めて「明日からまた最後まで続けた方には全額返金プログラムを適用します!」と宣言したところ、再開する方が激増。

現金な人たちだなあ、とは私は思いませんでした。
ほとんどの方にとって、2カ月間の授業料としては破格と言っていい設定です。そのお金ほしさに続けた、という方は少数だと思います。でも、双方(出題者の私と、チャレンジャー)の熱い思いに火をつける役を「全額返金」が少なからず担ってくれたのではないか、と強く感じました。

大勢の方に返金をできたこと、私にとって「ものすごいエネルギー」を注いでいただけに金銭的には得なことはないかもしれませんが、しかし第一の目標である、一人でも多くのメルマガ読者に「本格的に英語をものにしてもらいたい」という思いは奏功したのではないかと思うのです。
全部を提出されなかった方も、本当によくがんばってくださいました。しかも、「やらなきゃ」と思いながら仕事の疲れで断念されたこともあるチャレンジャーには、本当に大変でしたね、またやりましょう、と申し上げたく思います。

最終回(第60回目)に寄せられた幾多の感想を読んでいて、不覚にも海外の小さなホテルで涙がこぼれてしまいました。ほんの一部を紹介させていただきますね。

なお、実名でもよかったのですが、「ナリキル」ために最初から敢えてイングリッシュネームにて、受講者公開のメーリングリストにて回答を返信していただいていました。

***********************************
【第60回 英文エッセイ課題】

■英作文の私からの課題■

What do you feel now about the final time of our English class?
Only it's too hard?

I want to know some episodes of your efforts including trial and error.

==================================

Sousaさん

At the fourth trial, I could do all works.
Though I couldn't keep the time limit of works twice, I am satisfied now.
I should thank Mr.Higaki for having offered this very good system of learning many times.
And I should express thanks to all of members. I could continue it by watching their effort everyday.
At the beginning of this series, I think the ways to continue every day works, based on the failures of past three seasons.
I decided these followings;

1. I shall schedule the time to do works each day one week ago. I wanted to make good use of my interval of business and play.
2. I shall serve more than 2 hours to do works every day.
3. I decided that I should not exceed the time when I had decided beforehand. I was careful not to be absorbed particularly to writings too much.
I have continued to keep those three points.
I feel that my ability have seemed to rise. (Even if it may be anillusion)

But it should be more important to continue learning English from thenext day when I finish this English school.
I intend to do several drills at first and begin to read some Englishbooks called "classics". I want to hold a "book club" with some native speakers in order to make opportunities of using English.

==================================

Bruceさん

Honestly, I feel like I am going to have next 60 days from now.
I do not feel I have completed everything.
That is just because there would be no completion in acquiring English skill.
I have done all my assignments along with reading almost all the members' assignments, and I have found that using language deeply reflects the personality of those who use it. And I have also found that many of the members have been rapidly gaining their skills especially in writing.
It really surprised me. It is really awesome.

Through this course I have been trying to finish my assignments in ashort time except the time for researching.
My goal is to write more than 200 words within 10 minutes.
Unfortunately I cannot get it over now, but I think it became closer.
I tried to choose the theme and its outline first. At this moment accuracy is not necessary at all. Then I tried to write down as fast as possible. I tried not to write redundantly but to write simply and powerfully. I did not care about the slight mistakes. And lastly I checked all the usages. That is all. I do not think it any secret at all.

I have also found that the most difficult thing for writing is how I end up with my whole story. This would be common among many languages.
Sometimes I was frustrated with the end of my story.
But I am trying.

Higaki-san, and his staffs, I really appreciate you for giving me a chance to have these wonderful experience.
It was a really nice time. I really enjoyed this course.

I hope I can see you soon in the next course. Sounds great!

==================================

Donさん

I firstly say thanks to Mr.Higaki and this program's staff.
I finish this program. It is very hard to have done every work for 60days.
I reduce drinking and get up early morning to do this work. I know how to make a leisure hour. It is very useful and healthy, too. And my wife is welcome to my change.
But I am exactly not sure my English skill is improved, honestly to say I think my abillity of hearing is improved,because when I watch the movie or T.V, I can hear much more words and sentences than before.
My schedule was fixed this sping I am going to go the USA and Honkong each for a week to have meeting .I am very concerned but I intent to try speaking Globish that I leran in this program .(Of course English speaker will go with me.)

After now I am going to keep learning and start to learn Skype English school.


Thank you everyone. !!

==================================

Giuseppeさん

Finally I've come to the final. From the first issue to the last, I have been struggling to keep the deadline. Finally, I've done. I admitted again that keep doing one thing would make great works. As we have such a proverb "Endurance makes you strong", continuous accumulation generates power.
This English class is magical. It has no teacher collect the essay.
There is no pass or fail of tests (or homework). Students don't know the essay they write have any error or not. As its cost is not expensive, students would feel easy to retire this class. But it's hard to retire because of some kind of vainglory work.
It is quite surprising that I could have write essay every day for two months. I have never done like this even in my mother language.
What makes me keep trying? What makes the other students keep trying? Is an audience effect and a deadline effect truly exist?
Now I have to admit that.

==================================

 みなさん、ありがとう!

 英語を話せないことに長い間、痛い思いを感じながら、世界の劇的変化の中で、50代半ばにして「セブ島で毎日12時間の語学留学のべ8カ月」を敢行した成果は、苦労の割には実に遅々としたものでしたが、今は世界中の人と深い会話ができるようになりました。

 年齢は「所与の条件」でしかありません。必要性こそ習得の母であり父であると改めて思います。


■■■第1期、第2期受講者のご感想から■■■

毎日、英語を勉強しているわけですが、それと同じくらい、日本語のこともあれこれ考えています。
例えば、昨日の寅さんですが、私はこの映画が好きでして。
好きでよく知っているし、言いたいこともたくさんあるのに、言えないわけです。
それでも少しではありますが上達の実感はあるわけです。
最初は、まったく書けませんでしたし、以前から、私は英作文がいちばん苦手で、リスニングはほとんど経験なかったですから。
(福岡県 男性 40代)

英語を「ネイティブのようにではなく、それぞれの母国語に応じたJapanese Englishで良いので」という日垣さんのセンスは、今では大方の人の賛同を得るスタンスと思います。
なんと言ってもディクテーションが難物でした。かつ勉強になりました。
いくつか、「英語で学べば英語はできる」というスタンスの教材は出てきています。
でもその教材と違うのは、題材が「up to date」なことと、主題テーマが時として無理難題(笑)になることです。そのプレッシャがあってのこその継続であろうと思います。
(東京都 男性 60代)

未提出の分があるので、まだ100回やったとは言えませんが、なんとかここまで来ました。
英文を読むのには少し耐性がついたような気がします。今までならわからなくて途中で投げ出していた文章も、なんとか最後まで読もうとするようになりました。
(神奈川県 男性 60代)

これまで何度か英会話スクールに通ったり、ラジオやテレビの英語講座を聴いたりと
英語とはつかず離れずの状態でしたが、これほど毎日英語に接することはありませんでした。おかげで今は、英語でのやり取りが苦手で避けていたFacebookでの外国人からの友達申請も抵抗なく承認できるようになりました。
(福島県 女性 40代)

これまで100日連続で英語をやったことはなかったので、それだけでも進歩しました。
作文の題材も興味深いものが多くいつも楽しみにしています。以下に、課題それぞれについて気づいたことを書いてみます。
○ディクテーション


アウトプット重視という方針からヒントを得て、翌日の復習は音声を聞きながら
音読していますが、これも効果が大きいようです。
○作文


課題をやってみるとほぼ毎日「書きたいことが書けない」状況であり、自分の手持ちの英語表現が少ないことが明らかになりました。今は中学生向けの英作文をひたすら反復しています。
○和訳


意味もほとんどわからず武士道を読み終えたら、英文を読むだけで眠くなる英語アレルギーが大幅に軽減しました。日本人男子として武士道を前に途中でやめることは許されませんでした。 個人的には、これが一番ストレッチが効いたように思います。
全体を通して、アウトプットこそ重要ということを身をもって理解したことが最大の収穫でした。
(東京都 男性)

この講座を受けて一番よかったのは、やはり英語を学習する習慣が身についたことです。課題が早く終わった日も、自習しないと、という心持ちになりました。
(東京都 男性)

英語の必要性を感じたのは、初めての外国行きだった26歳の時のネパール。登山活動中のシェルパとは英語でのやり取り。
今回のスパルタ塾は、私にとって最後の勉強だとの思いで参加しました。100回目の課題まで来て、よくやったものだと思うと同時に、まだ楽に毎日の提出ができない自分に、少しがっかりの気分もあります。しかし、今回の学習を終了すれば、少しはましになってるはずだと信じて、第4コーナーから最後の直線に突っ込みます。
(茨城県 男性 60代)

英文エッセイを日垣さんが目を通してくださっていると知り、私も優秀賞をとヒソカに目指してきました。80回目辺りでようやく賞をいただき、思わず「おー!やったぁー!」。大学生の子供たちに「すごいだろ!」と自慢のメールを送ってしまったほどです。
英文エッセイのお題がいつも楽しみです。真面目な話から婚外恋愛まで扱うこんな英作文指導、見たことがありません。
楽しい思い出よりドタバタ悪戦苦闘の思い出がはるかに多いのがこの英語塾の魅力です!
(神奈川県 男性)

今回の受講は寝不足も苦にならないほど毎日刺激になりました。英作文を書くことで、自分の思考が深められ、また日ごろぼんやりと考えていることがはっきりすることもありました。職場で英語を使う可能性は低いものの、語学力が社会での可能性を高めるのは間違いないと思います。他の受講生の方からのメールと、毎日すべてのメールに目を通しておられるという日垣さんの存在を励みにして、あと少し頑張ろうと思います。
(石川県 男性)


この英語学校は本当に良く考えられた仕組みであると思います。締め切り効果、観客効果恐るべしです。テーマも多岐にわたり面白かったです。皆で同じ課題に取り組む事が出来、刺激になりました。また、机に向かう習慣が出来たことも収穫の一つです。
最大の収穫は英語の勉強が楽しくなりつつあることです。学習を継続し、4月に人生初のTOEICを受験する予定です。
(千葉県 男性)

ディクテーションとエッセイは何とか続けられました。中学時代から英語が苦手で、常に避けて通ってきた自分には不思議な感じすらしました。
毎日課題が送られてきたり、皆さんが課題を提出されている様子がリアルタイムで確認でき、自分も見られていると意識できる(自意識過剰ですね。)システムは非常に有効だと思っています。
(神奈川県 男性 40代)

100回の大台まで継続できたことをとても嬉しく思います。英語学習を中心に毎日を充実して過ごすことができています。これも親分の智慧と経験に裏打ちされた数多くの継続のための優れた仕掛けのお陰です。
(青森県 男性 40代)


ここまで英語を熱心にやる決意にさせたのは、英語を学びたいという思いからです。仕事では使わなくとも、日本で挙げられない海外のニュースを見たり、話を聞いたり。それだけでも視野が広がると思い参加しました。最初、会場で200名ほどいる全員が「英語」を使えるようになりたいと思い参加したのは現状としての危機感だったのだろうと思います。多少、睡眠時間を削ってでも学ぶ。他の事に目もくれず時間を作り勉強をする。本当に欲しいものって誰もが表では見えない影で苦労していると思いました。
(長野県 男性 30代)

とりあえず、できなくても、わからなくても、英語に触れることをくせにしようとスタート時からやってきました。英語に触れることが0分ということはこの4ヶ月でなかったと思います。
(埼玉県 男性 30代)

今年は英語塾の影響で、いつもと違って年末年始もだらだせずに勉強とか読書とか充実して過ごせてます。
(神奈川県 男性)


育児も落ち着いてきましたので、ディクテーションから始めさせていただきます。
日垣英語塾は復帰するきっかけを与えてくれます
そして、復帰のときのハードルが低いです。
ありがとうございます。
(神奈川県 男性)

大晦日も正月も、英語の課題をやっている私を見て、それを当然と受け止めている家族に少々驚いています。
(宮城県 男性 40代)


 

■日垣塾「英語スパルタ学校」■
お気軽に事務局までお問い合わせください。


スパルタ学校テキストができました。

第1期講座テキスト こちらからお買い求めいただけます。

第2期講座テキスト こちらからお買い求めいただけます。

第3期講座テキスト こちらからお買い求めいただけます。

※これまでのリアル講座の記録を用意しております。

第1期スタート時スパルタ講座

第1期終了時 英語力飛躍講座 音声記録DVD

第1期終了時 英語力飛躍講座 映像記録DVD



英語でお寄せいただいた感想

This Eigo dojo reaches one hundred times. This is happy news. Congratulations. I grade thing that Eigo dojo is my note book filled with a letter. And I find to do something except game and sleep.
(茨城県 男性 40代)

After studying this English session, I have three things that take change of my life.
One,I do not watch TV. Because I realized that they make no sence for me. To see TV's program is less useful than studying English.
Before starting this English session, I used to see TV very much when I'm home,for a long time.
But if I finish this session, I would not watch TV more than ever.

Second I could realized that there are a lot of little time that I can do something. Until now, I only wasted these little times by doing net surfing or doing nothing.
But I realized that these times are very valuable for me to do something and they never come back.

And finally, I can hear English well more than before starting this.
It is very glad for me.
I,however, cannnot hear it completely and speak well.
So I would keep studying English after this session.
(東京都 男性)


I think I get used to mistakes of my English through this English program. I know I can't speak correct English.On the contrary, I was convinced that I have to write correct English. But I realized that the conviction is no use for improvement. Now I can do English mistake at light easy feeling.
Last week, I had to communicate with a Dutch man by e-mail. It was first time for me to wright English mail in the office, but I didn't hesitate to do it.(群馬県 男性 30代)


I believe that I won't be able to speak English like native English speakers. I just want to be able to listen 80-90 % of fast paced spoken English and read almost all of the written modern English, also write and speak what I mean to say with relatively simple English. The essay assignments of this English school are useful for me because these assignments give us a chance to think about a certain important theme in English. After this process, we can say similar themes easily in English. Recently, I've had a discussion about Japanese economy with my landlord. Thanks to the essay assignments, I could have a discussion with him although I'm not good at economics. I've realised that the essay is not just an English homework but a something to consider the theme a bit more deeply.
(イギリス在住 男性 30代)


I surprise that I continue to submit subjects thought it is defective.
I think that it is the most important to continue submitting a subject.
So I begin to study English in my company when I couldn't have enough times.
Last week, I was studying English in our branch office. My colleague appeared in there and she asked me what are you doing?
I exposed about studying English everyday. She can speak English very well. Her TOEIC score is over 900 points!
Unexpectedly she taught me various learning methods of English.
She had sympathy on me and seemed to be glad little. She was very impudent so I didn't like her, but I have come to think better of her.

This English cram is fruitful to me.
This is why .....
It is difficult to explain the reason at full length in English.
(兵庫県 男性)


"You are very different from one year ago.", he said.
"Experiences make you change very much."

I've met him 10 times(each 2 hours) for 20 years, but always at my turning points.
This time I have a chance to make 8 minutes free presentation
in front of our CEO and 6 of board members as a young manager training.
At the dinner of my invitation, I asked his personal opinion about my presentation idea privately.

But for half of the dinner time(i.e. one hour), I talked about fascinating facts of
one side deviation of Odds/probability in a day,which I found in casino of Cebu, Philippines,
4 months English Spartan education course,and Indian personal outsourcing service usages.

He was well impressed ,not such facts but my spread inner world.

The previous dinner(one year before), I talked with him about 2 year Indonesian life
about the mission of the 1000 employees' sister company sale.
That included the demonstrations by more than 300 employees, conflicts among Japanese,
and Chinese share buyers' attitudes and policy.
That time also the word "experience" had been expressed by him.

He is a good watcher of me.
I am lucky that I had a person like him. I don't know he thinks me a friend or not.
But I think this a precious encounter for me, which happens with only several persons in life time.
I hope so does he.
(兵庫県 男性 40代)

 
Through this English program, I found which kind of theme I would like to
write and why Schliemann said to write about what you want to do every day.
It is easy for me to mention a theme that I concerned about. For example,
war, conflicts, any kinds of risks and snow.
Generally speaking, it is said that what you can say in foreign language
depends on what you always think in your mother tongue. I could recognize
the meaning of this sentence with actual experience. When the essay's theme
was involved my old experience, I really enjoyed writing about that. At such
times, there was no need to think about the sentence structure. Construction
was decided naturally.
Now that I think about it, the same situation happened when I attended the
meeting with foreign people. In the situation that I have a lot of things to
talk about, I did not care my English conversation ability. There was only
discussion we should talk about.
I could think back on the same feeling through this program.
Now, I also feel the necessity of castigation and recitation, like
Schliemann did.
Then I restarted to use castigation service on the Net.
This English program revitalized my motivation for improving English.
(東京都 女性)


I think that Japanese English education is mistake or unfinished. Many teacher s tell that you must study English everyday. But you must study it ten hours a day, and you must continue long hours English study everyday. Mr.Higaki only says that. Certainly, I am trying to study English long hours, there is effect . In Japan, students preparing for university examination might study English long hours a day. But they will stop to study it when they success in an exami nation. How sorry! If they might continue to study English long hours after pass, they would speak and write English. Why Japanese can't use English? That answer is very simple. Because they don't study English long hours a day!
(東京都 男性 50代) 


This English program is far beyond my level.
It took me more than three hours to finish the first task of the program.
It was a lot I think it's more than fun, I think painful.

But there was a very happy day.
I was able to be explained with diagrams and brochures using the English, the description of the baby's vaccination. I did the explanation that was the Indian women.
I did not speak English well either, I was able to get a grasp of the description.
I've wanted to study English properly, anyway, and was able to become a level that much actually.
But now that it can be done in the three months, I'm surprised myself.

Challenges that will appear on the exam in this program, there was also a good area, but also weak areas.
There is no basic knowledge in the first place, there was also something I started by looking. In addition, there is also a difficult problem that can not write in Japanese.
I think it was less than 80% the rate of submission of the assignment.
But the day was the only day that did not address the issue at all.
I did not just every day, especially dictation. I think I will not continue the efforts of one myself.
I have learned the importance of having daily challenges higher than the level of their own.
(東京都 女性)


To continue these English programs, I changed my lifestyle a little.
It is always hard to do these exercises completely.
There may not be enough effects of stretch in doing only what I can do,
but I feel happy even if a progress in English is so little.
(東京都 女性 40代)


「The reason of continue to study English」
The reason I start this English school is appealing to my children for their father studying English.

I have three children. They are all boys.
My eldest son is junior high school student.
But he doesn't study. His grade is not good.
I and my wife say him to study more, but he doesn't hear about our saying.
He and I quarrel about studying many times.
Now I have few conversations with my eldest son.

And so I want to appeal to my eldest son for my look of studying.
When he sees the look of his father studying, he notices about something for studying.
I am wishing that my first son change his minds about studying.

So I must study every day for my first son.
And I continue to study something for appealing during some years.
Why?
There are two boys still remain!
(東京都 男性 40代)


Recently, I think about how to continue to study English.
This class have arrived to No.100, but I don't have arrived to anything yet.
I want to be person who can use English.
So, I have think about how to I can continue studying.

Since November at last year, I spent good time, I think.
The most important thing that I got is I knew that I can continue to study, if there is suitable system.
I must think suitable system for me. For get close to my goal.
(大阪府 男性 30代)


I don't get anything to earn English. I think that I don't earn English to continue.
I suffer from doing this program for me and conducting a way for English.
(神奈川県 男性)


I dislike"d" English.

When I was a junior high-school student, I disliked English class.It was very bore
for me. I never once get the average score in term-end English examination. I didn't
think serious it. Because I am Japanese and here is Japan. I think don't need for me
to understand English. But as a matter of face, I noticed I can't avoid to English.
I made entry this English class. It is too herd for me. My English skill is unripe. But I
use English most everyday. It is unbelievable in the half year ago. I didn't dislike
English as much as before.
(東京都 男性 20代)

I am not good student for this spartan English class. But it is good exercise for me. After I through 40 years old, I give up to learn English. I am busy everyday for my job. And my motivation is decrees to do it. But I decide to join this class, because I was interested in the way of using email.

I thought that I would give up this class on the way. But I have kept to learn English until now. It is good for me. I wish I will continue to keep learning.
(東京都 男性)

Recently I understood the reason why Higaki-san said "Work on dictation and writing an essay at least every day" at the beginning of this English study course.
Now I often think what this is in English,I always think I want to express myself in English,and I never miss any opportunity to think in English.
I'm surprised to change myself,because I was weak in English and had a complex about English,so I had escaped from English - not only studying but also reading (even looking at) an English text.
I realize fully,day by day,the importance of inputting to have an output.
I may be pointed out that I work on a daily exercise without to argue...
Anyway,thank you for your providing this program,Higaki-san.
(北海道 男性)


I feel complex about English everyday.
I was sorry I had not studied English hard.
I cannot speak and read English.
I live in India.In india,a lot of people can speak English.
Speaking English give a job for them.
I need to use English everywhere.
But I am weak in it .
I would like to use fluent English.
I wish I could speak to many people in English.
I fully realize that people who don't use English cannot get useful information.
(インド在住 女性 30代)

I have two reason why I want to learn fluent English.
First, I cannot escape to use English at my work.
My company is a domestic company.
But recent year, my compy goes to Asisa to expand our business.
So I have to go to there where we launch my business and talk to anyone who work there.
They who work at my Asia blanch company cannot speak Japanese.
And I also can speak Japanese only.
So now I talk to them by using a man who can traslate Japaneae into English.
This is not good for us, because we don't make sure to each other, I think.
Thus, I want to speak English.

Second, I want to talk to anyone who are met when I go abroad.
About twenty years ago, I have gone on a trip to America, Thai and so on.
I could speak English a little.
So I could not make a friend at my abroad.
When I finished my trip, I decided to learn English but I could not do it.Because I did not want to learn it.
But now I think that there is mo time to learn it, because many people of all over the world can speak English.
If I can, I can talk to many people.
So I learn this English lesson.
(東京都 男性)


I don't know why I am keeping learning English.
I have never done it.

Every spring, I have bought some texts of radio programs.
But I have always faded out learning.
I start it just interest, so I am bore and give up it keeping.
I need some motivation.

The reason that I join this Sparta program is just interest.
How is this program going?
Why is this program too cheat?
It must be some secret ways!
I thought a lot of things.
I finally decided to join the thought of "just do it".

My weak point is no motivation.
I wonder why I keep this program even two month.
One of the answer is this program has the time limit.
And if the time is over the days assignment, teacher say that forget it and try the next day's.
This is a very good system, so I can keep learning.

This is my challenge whether I could keep learning English or not until the last day.
(東京都 男性)




 
これから必要なのは、ネイティブになろうと幻想することではなく(93%の英米豪加への長期留学生の大失敗帰国――99%の統計もあります――がその証拠)、現実的に「世界共通語としての英語」を身につけることが、必須となります。

 このたび英語塾を開校するにあたり、迷ったのは会費を適正価格として200万円にするかどうか、でした。

 同時に、2桁(ケタ)の違いは新しい発想を要請します。2割とか2倍程度ならば従来の方法論でいけても、2桁違うと、パラダイムもフェイズも変わってこざるをえないのです。
 これの逆ができないか。2桁増やす発想ではなく、2桁減らす発想。

 個人レッスンは日本で1時間8,000円が相場。これを毎日3時間やったら、半年で438万円です。
 高いです――よね?

 私は、そもそも学校というものがそれほど語学に適したものではないのではないか、と思うようになりました。

 現場で話されている英語は、各国各人によってバラバラです。インド人英語とフランス人英語と韓国人英語は、かなり違います。
 考えてみれば、あたりまえですよね。
 ネイティブのイギリスとアメリカとでさえ、かなり発音が違うのですから。

 私たち日本人は一般に、それなりに英語を勉強してきているのです、すでに。
机やら日記やら腕時計やら家やら宿やら水やら走るやら考えるやら、恋に落ちたというような言い方まで、英語で書いたり話したりできる人は多いでしょう。

 けれどもタガログ語やマサイ語やアラビア語で、同じようにできますか?

 基礎はあるのです。あとは、必要なものを乗っければいい。
そのために半年も学校に通うのはリスクとコストが高すぎます。

 それを何とか解決したい――と私は願ってやみません。他方で、いかにも簡単に英語ができるようになる、というふれこみのコンプレックス産業としての悪徳業者が後を絶ちません。
 私はすでに、毎日欠かさず12~18時間のレッスンと独習を続けました。無駄な努力もあったので、これは他の方には省いていただきたいのです。


苦しいけれども仲間たちの「監視効果」と「締切効果」と、一方通行でない英語が駆使できる「画期的学習法」をタダ同然で学べます。その代わり3カ月間は、命を預ける----くらいのお覚悟で!----

■■■英語塾課題のサンプルです■■■


■■12月28日配信■■

 皆様

 外国語力の実践的飛躍のためには、あたりまえのことながら、毎日使うこと
が何より肝要ですよね。無駄な努力(試験勉強の役には立っても現実には使え
ないような)を排除し、短時間で良いというような教材に騙されないことは確
かですけれども、極端に言ってしまえば、語学学校や安いSkypeレッスンで、
発音の悪いティーチャーに当たったとしても(チェンジは簡単にできます)、
それは成功のチャンスと捉えたほうが良いのではと私は実感しています。

 優れた英語の使い手は、忖度力(そんたくりょく。相手の言いたいことを推
測するスキル)も抜群なので、生徒側も何となく楽しい英会話ができた気分に
なれますし、美しい発音に「投資した甲斐があった」と思う人が実際圧倒的で
す。が、英米加豪への語学留学生の93%以上が日本人コミュニティにどっぷり
浸かってしまい、まったく英語が上達せずに帰ってきたり、帰るに帰れなく
なっていたりする人たちです。

 現実に英語の使い手は、外国語として話す人々が、ネイティブとは桁違いに
多く、個人差も著しいわけですよね。誰と話すにしても、最初の5分くらいは、
どうしても昔なつかしいラジオのチューンナップのような営為が必要になりま
す。

 発音の癖や語彙その他、個性やレベルの波長を、お互いに合わせる作業です。
 換言すれば、相当なインテリを含めて一般の人々は、アナウンサーや声優や
評判の高い英語教師のようには、美しい発音でなおかつ忖度力に優れているわ
けではない――という事実に向き合うべきだと思うのです。

 私ごときが組み立て、毎日フィリピンの暑い空の下で思いついた英文エッセ
イの出題を書き送っているような教材の中身は、斬新だけれども最高のものと
は、もちろん断言できません。が、毎日続けておられる方は、とりわけすべて
の課題を(失礼ながらかなりのミスや独自開発英語がありつつも)欠かさず送
り続けておられる方々は、おそらく多忙な日々の中で3~5時間は使っておられ
るはず。

 このことに成功さえすれば、語学力が急激に伸びないわけがないのです。
 逆に最近いつの間にか回答が届かないなあと思える人は、年末でお忙しいと
は思いますが、では忙しいからと言って日本語を使うのをやめたりするでしょ
うか?

 語学もコミュニケーションツールである限り、本質的には使い続ける他に道
はありません。

 では、本日の課題です。

 週末ですので、ディクテーションと英文エッセイのみの出題となります。
(提出期限12月28日 24時)

(1)ディクテーション

 The Pony Express

 文末のURLからダウンロードしてください。

(2)英文エッセイ

 A teacher sent me(Higaki) a following message by email.
 "Take risks.
 If you win , you'll be happy.
 If you lose , you'll be wise."

 What do you think about this advice?


 上記のメセージは、第一公用語が英語になったフィリピンの英語教師がくれ
たメールのなかに記されていたものです。
 実はこのメッセージ、マンツーマンの授業で私が語り、彼女がとても印象深
かったとして文字にしてくれたものです。「人生もギャンブルですよね」とい
う話題の中で、つい口にした私の信念に基づく言葉です。が、ここは英語力急
伸道場です。したがいまして、もちろん disagree な論陣も大歓迎です。

===================================

第054回ディクテーションの答え

The Backward Girl

The funniest book I ever read was about a girl named Nan. Nan did everything backward. She even spelled her name backward. Nan slept in the day and played at night. She dried her hair before washing it. She turned on the light after she finished her book -which she read from the back to the front! When it rained. Nan waited until she was inside before opening her umbrella. She even walked backward. The silliest
part: The only thing Nan did forward was back up!

===================================

 それでは、また明日!
 日垣 隆 + 「もう英語では苦労しない」委員会


【添付ファイル】
* L_0099_2-47.mp3
 http://bit.ly/Xbjov6

■■12月29日配信■■

 皆様

 セブ島の年末年始は、日本にはたった4時間のフライトで帰れるという近場
なのに、かなり暑いです。4~5月に比べればちょっとだけ気温が低いかな、と
いう感じ。昼間は30度があたりまえ。
 貧しき人々の国ですので、みなこの時期までには財布を引き締め、むしろ
ショッピングモールはいつもよりお客が少ないという現象が起きるのは、途上
国ではよく見かける姿です。

 Happy new year! を、言葉だけには終わらせないようにしましょうね。

 さて、しばらく前のあるテーマについてのみ、ご自身は「これにだけは興味
がない」と断じつつも(笑)うまくエッセイとして着地されていたNonoさんの、
第055回の英文エッセイは、文章に全く無駄がなく、論旨明快、事例も的確に
してユーモラスかつ身近なものが選ばれており、ミススペルもなければ文法的
な間違いもないという、ううむ、なんなんでしょうこの方。論旨からして、
many kinds of risks の専門家なのかもしれません。Nonoさんには、月間最優
秀賞を謹呈いたします。

 この例からも了解されるとおり、秀逸なエッセイを仕上げることができると
いうことは、普段から様々な問題に関心を持ち、球を投げられたら即「打ち返
す思考」を続けているからでしょうね。

 たとえ英単語を2万5,000ほども完璧に覚え、文法も熟知し、TOEICが満点
(こういう完璧主義者はヲタクだよね)でも、語るべき中身がなければ、コン
テンツやコミュニケーションは限りなく empty にならざるをえません、間違
いなく。

 日頃から諸問題について考える習慣がないと、単に長いだけの自己紹介的な
アウトプットか、いわゆる意味なき「情報交換しましょ自己満足のために」的
な会話しかできないままで生涯を終えてしまうこと確実ですよね――。

 あとはどうするか、それはもちろん up to you(あなた次第です)!

 さっそく本日の課題にまいります。hearing も dictation に進化させるこ
とで、力量は必ず大きく飛躍します。
 実感されていますよね。
「聞き取る」だけでも最初は大変なのに敢えてさらにそれを最初から「書き取
る」ところまでやり、しかも日々難しくかつ長くなってゆく課題をこなすこと
で、おそらく数倍から数十倍のレバレッジがかかるはずです――普通は穴あき
問題が dictation の姿なのですが、私は自分が穴埋め式をやってきて(それ
は聞く回数が極端に少ないままやらなければならなかったので止むを得ないと
はいえ)、自分で工夫を加え、つまり全文を書き取る作業を語学学校+ジム+
カジノを終えた深夜に毎日やり続け、この英語道場の特徴の一つにした次第で
す。

 貴重な機会を逃さないでくださいね。ただし、失敗しても何度でも立ち上が
る――これが実は「継続の正体」なのですよね、実際のところ。

 英語のみならず所得を複線化して倍増させつつ労働時間を減らし自由に生き
る力をつけていきたい方は、クレド特別会の途中入会(第三期生が最後)も受
け付けようと思います。とても評判が良いですよ。様々な職業の方がおられ、
コラボも人物も信頼できますし、始める前に報告があった企画や事業や副業に
つき、事故やトラブルが起きたら全責任と金銭的保障を私が負います。元が取
れそうもないとか、現状維持というとてつもない risk を取りたい、という方
は、無視してください。

 http://bit.ly/GR98hS

 自己投資は少々キツいほうが、モチベーションを高めます。が、途中からで
すので、お申し込まれた時点で半額処理いたします。ご安心を。

 えらく長い文章になってしまいました。でも、とても大切なことです――よ
く遊び、労働時間を年々短くしながらインカムは激増させる――多くの人が所
得を減らしているこの国で、円安が進めばさらに日本人の労働価値が下がると
いうことと同じですから、実は大変な事態が始まった、どころか渦中にあり、
これはもうエンドレスなトレンドです。多くがラットレースに絡みとられ、地
盤沈下を起こしている今だからこそ、逆転の発想と集団の叡智と具体的なスキ
ルを身につければ、実に簡単に「地盤沈下」から逃れられるのですよ。

 英語道場を始めた行動力のある方なら、必ずや所得倍増は会社勤務や公務員
にも当然できます。

 http://bit.ly/GR98hS
(英語道場に参加されていない方でも、いざ我も、という方もオーケーです!)

 あまりに日本の競争力が落ちているので、つい力が入ってしまいました。

 さてさて、本日の課題です。

 週末ですので、ディクテーションのみとします。
(提出期限:12月30日24時)


(1)ディクテーション

 Animals

 文末のURLからダウンロードしてください。

===================================

第055回ディクテーションの答えです。

The Pony Express

In 1860, daring young men, who were in good physical shape and light in weight, carried the United States mail from St. Joseph, Missouri, to Sacramento, California. These pony express riders rode horseback at top speed from one pony express station to the next. Their job was to make sure that all the mail was delivered on time.

First, as the rider got near to each station, the station keeper would bring out a fresh horse. Next, the rider would jump from his horse.
Then the rider would grab the mail bags, and be on his way again on the new horse in two minutes.

Pony express riders usually carried two guns and a knife for defense against attacks. They rode day and night in all kinds of weather. In the total 650,000 miles ridden by the young pony express riders, the mail was only lost once.

================================================================


それでは、また明日!
日垣 隆 + 「もう英語では苦労しない」委員会


【添付ファイル】
* L_0086_2-34.mp3
 http://bit.ly/WgpyDW

■■12月30日配信■■

 皆様

 本日の課題です。
(提出期限12月31日24時)

(1)ディクテーション
 Birds and Nests

 文末のURLからダウンロードしてください。

(2)英文エッセイ

 How do you feel when your parents are upset with you?


===================================

第056回ディクテーションの答えです。

Animals

Many wild animals are in trouble. Some have a hard time getting food
and finding safe places to live. Others face an even bigger problem
--hunters that do not obey the laws protecting animals.

Some people are killing animals for their fur and other products.
Because of hunters that disobey the law, some species or groups of
animals have only a few members left. These animals are in danger of
disappearing from the earth.

People hunt whales the many products that are made from whales. Some
of the products that come from whales are soap, crayons, glue, and pet
food. Hunters kill thousands of whales each year. Scientists think
that there may already be too few humpback whales left for that
species of whale to survive.

Bengal tigers of India are close to disappearing, too. Tiger hunting
was stopped in India in 1972. Still, people wanted to own coats and
rugs made from their beautiful coats. So some hunters disobeyed the
law and kept killing the tigers.

Since their ivory tusks bring such high prices, two hundred elephants
are killed each day. This huge beast is in danger of dying out because
some hunters are disobeying the law.

===================================

それでは、また明日! 
日垣 隆 + 「もう英語では苦労しない」委員会


【添付ファイル】
* L_0103_2-51.mp3
 http://bit.ly/WgpDaU

■■12月31日(!)配信■■

 皆様

 本日の課題です。
(提出期限1月1日24時)

(1)ディクテーション
 Sea Horses Look Strange!

 文末のURLからダウンロードしてください。

(2)英文エッセイ

 How did you feel on the first day of this program of English leaning?
 And what do you feel something have changed the inner side of
 yourself now?

===================================

第057回ディクテーションの答えです。

Birds and Nests

Birds use many things to make their nests. They use twigs. They use
moss. Birds will even use hair and yarn. You can help birds make a
nest. Here's how: Cut up some yarn. Ask a grown-up to trim your hair.
Then gut the yarn and hair outdoors.

===================================

それでは、また明日(新年も!)
日垣 隆 + 「もう英語では苦労しない」委員会


【添付ファイル】
* L_0107_2-55.mp3
 http://bit.ly/U0gR5R

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る