ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

(文庫版)偽善系

gizen_b.jpg (文庫版)偽善系
文春文庫
第7回 編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞受賞「辛口評論家の正体」を採録
定価:686円(税別)

本書は全国の書店またはamazonなどのネット書店でお求めください


編集者が付けてくれた帯のコピー

怒れ、日本人!
登校拒否が学校のせい? あの駄作が名著? この世にはびこるおかしな思い込みと偽善を当代一の論客が鋭く突く刺激的評論集

目次

第一章 怒れ!日本人
1.人権ママと引きこもり/2.うるさいぞ、携帯電話/3.インターネット無法地帯/4.郵便局は国民の敵だ/5.「年金は弱者のため」は嘘
第二章 教育偽善者の正体
1.私学の民営化を/2.偏差値追放の幻影/3.官主主義の悪臭/4.物事には一長一短がある/5.他人のせいにするなよ
第三章 少年にも死刑を
1.遺族を怒鳴りつけた裁判所/2.最も刑罰が軽い国/3.無期は実質二十年/4.死刑となった六人の少年/5.永山判決はヘンである/6.凶悪犯罪に少年法はいらない/7.人権無視の法律群
第四章 裁判がヘンだ!
1.裁判官の殺人感覚/2.お役人はどこへ行く/3.検察審査会は無意味だ/4.ヘンだよ、きみたち/5.エロ判決/6.おかしな「十二人の怒れる男」/7.参審制と、まともな裁判官を
第五章 さらば二十世紀の迷著たち
1.混迷深める精神医学/2.それはただの思考停止だ/3.北朝鮮は地上の楽園だったのか/4.勅語を絶賛する家永さん/5.偽善的な子ども観/6.欧米「では」というご宣託/7.狼少年本にはご用心
第六章 「心神喪失」を廃止せよ
1.殺人も「なかったこと」に?/2.検察依存の匿名報道/3.変てこりんな問答/4.動機という名のフィクション/5.クソ判決/6.勝手に死んだのではない
第七章 野放しにされてきた再犯
1.違憲の差別条項/2.国際スキャンダル級の制度的欠陥/3.「精神障害者の犯罪率は低い」説の嘘/4.繰り返され凶悪化する累積犯/5.「病気ゆえの再犯」をいかに防ぐか
第八章 「ニュースにならない死に方」考
1.覚悟/2.不慮/3.戦争/4.死因/5.比較/6.自殺/7.課題
第九章 辛口評論家の正体
1.生きた教材/2.安全牌/3.罵倒無視の理由/4.重篤な書物依存症/5.司馬さん!/6.取材力ゼロ/7.破綻するコメント/8.論理飛躍/9.総会屋雑誌/10.ヤリテ婆アのイヤらしさ
第十章 「田中知事」誕生前夜
1.五輪後に長野は陥没する−1992年/2.ここまでやるか官僚主義−1998年/3.長野五輪 汚したのは誰か−1999年/4.ゼネコン寄付金リストを暴く−1999年/5.長野で何が起きたのか−2000年
第十一章 クソ本を読む
1.殺人と少年法/2.学力低下論争の嘘/3.「三国人」と『弟』/4.批評家の値うち/5.不倫文学の系譜/6.無意味な検察審査会/7.アングロサクソン流?/8.奇遇な導きの書/9.紙一重/10.親殺し/11.地下の世界/12.捨てられない?/13.原稿料の話/14.兄弟のみなさん!/15.考古学的捏造/16.お父さんの"自信"/17.大女優の釈明/18.文章力がつく?/19.当事者による物語/20.医療犯罪/21.航空機事故/22.「考え」はどこに?/23.脱ダム宣言の背景/24.外務省暴露本/25.できれば本なんか/26.お父さんも買い物へ/27.下品な書評の問題
あとがき

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る