ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

魔羅の肖像――ルーヴル美術館を笑ふ――

rouvreriso160_2.png  魔羅とは、言うまでもなく(言うまでもあるが)男性の「おちんちん」の芸術的表現である。芸術の代名詞のごときルーヴル美術館に置かれた多数の男性裸像からは、避けては通れぬ魔羅。ルーヴル美術館では、「ミロのヴィーナス」を見ろ(洒落ね)とばかり全員が同じような行動をとる。女性裸像は性器も陰毛も省略できる。だが、魔羅は省略できないのだ! 芸術家の苦悩を、そこに見て微笑む不敵な著者兼カメラマン。笑いも芸術鑑賞の内実なのである。

理想書店で(2010年7月2日発売開始!)好評販売中!

サイトでもPDF版をお買い求めになれます
定価:450円(税別) 



<ご注意事項>
(1)この商品は電子ファイル(PDF)です。
(2)たいへん恐縮ですが、この画面から本商品をお買い求め頂く場合には、クレジットカードでのお支払いのみの受付とさせていただきます。
(3)クレジットカードで決済完了されると電子書籍(PDFファイル)をダウンロードできるURLをメールにてお知らせいたします。
(4)買い物かごはクイックチャージシステムを導入。一度IDを登録すると、次回からカード番号、ご住所のご入力がいりません。 ワンクリックでお買い上げいただけます。

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る