ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

職業と道楽

syokugo160_2.png 職業と道楽 


定価:400円(税別)→発行年内限定価格:210円(税別) 

「好き」だろうがそうでなかろうが、健康体であれば我々は仕事をする必要がある。衣食住に関わる生活費を自分で稼ぐようになることを、「社会人」または「自立する」と言うのならば、そのうえに立って始めて、道楽(趣味)を大いに楽しむゆとりが生まれる。格差格差と騒ぐ人たちが最近増え気味だが、どこと、また、いつの時代と比べているのか。「好きなこと、または得意なことを仕事にする」ためには何が必要なのか。深刻で普遍的かつリアルな問題を、夏目漱石にならって、わかりやすく、おもしろく語り下ろした、日垣隆講演録【第1回】



目次

1940年生まれ、N教授の自作天文台        
今世紀最大、6分25秒の皆既日食         
田舎の国際イベントはスッタモンダの連続    
二等船室でレトルト食品の配給制、なのに40万円!?
N教授、トカラ旅行「副隊長」に任命される
結局、お金と時間があればいいのかも
漱石の時代にもいた「高学歴ワーキングプア」
道楽を仕事にした漱石のアクロバット
芸術家や学者にとっては「道楽すなわち本職」
機関車を買うためにミステリィを書く
道楽だけの人生は本当に愉しいのか
「格差と貧困」論争の大混乱
「格差是正」のデモ行進では何も変わらない
「子どものお小遣いは期間限定」が当たり前
「年収7万円」なのに愉しい人生もある
勝間和代さんと夏目漱石の共通項
「勉強をすると金になる」時代の到来
家賃滞納を14回もを繰り返してしまった人
インフレ率2億%の国でどうやって生き残るのか
【おまけ】――トカラ皆既日食「メディア村」滞在記――  

<ご注意事項>
(1)この商品は電子ファイル(PDF)です。
(2)たいへん恐縮ですが、この画面から本商品をお買い求め頂く場合には、クレジットカードでのお支払いのみの受付とさせていただきます。
(3)クレジットカードで決済完了されると電子書籍(PDFファイル)をダウンロードできるURLをメールにてお知らせいたします。
(4)買い物かごはクイックチャージシステムを導入。一度IDを登録すると、次回からカード番号、ご住所のご入力がいりません。 ワンクリックでお買い上げいただけます。

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る