ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

21世紀の動物ライフ:野村潤一郎(野村獣医科Vセンター院長)×日垣 隆

taidan_nomurajunichirou160.jpg 21世紀の動物ライフ:
野村潤一郎(野村獣医科Vセンター院長)×日垣 隆


定価:800円 → 500円(税別) 特別割引実施中!


目次

120匹の診察相手と一緒に暮らしてみた
爬虫類が人間に懐かないワケ
10万年前から共生してきたイヌと人間
ドーベルマンを飼う前にヲトコになれ
地上7階・地下1階の動物病院を建設
動物と裸のつきあいをするコツ
盲導犬の光と影
ネコは犬をどう見ているのか
ツンデレペットに萌える飼い主
ヘビもヤギも僕らのルームメイト
ワニになりたかった少年
九九も知らない劣等生が学年1位に一発逆転
成功したければ己を知れ
家族よりも動物を優先する生き方
イヌだって夢でうなされることがある
ボーダレス時代の感染症
1日1食生活でデブを治す
死んだら動物に体を食わせてもいい

【野村潤一郎氏プロフィール】
のむら・じゅんいちろう氏は、1961年東京都生まれ。獣医師。北里大学獣医学部獣医学科卒業。2007年に地上7階・地 下1階、総ガラス張りの新病院「野村獣医科Vセンター」をオープン。MRIをはじめとする最新のハイテク機器を備 えた医療が話題。「飼ったことがない動物は診ない」を信念とし、「怪物館」で自ら累計120種類以上もの動物を飼う 。イヌやネコをはじめ、両生類や魚類まで幅広く診療。著書『サルが食いかけでエサを捨てる理由(わけ)』(ちくま プリマー新書)、『フシギで楽しい動物の飼い方』(廣済堂文庫)、『ミミズに笑われない生き方』(サンマーク出版 )、『Dr.野村の犬に関する100問100答』(PHP文庫)など多数。 http://nomura-v.com/

以上の対談またはインタビューは、今後、そのいくつかは単行本になる可能性を求めたいと存じますので、それまで、お買い求めいただいた料金は、制作費に回させていただきます。
また、放送局での収録を基にしたものについては、局アナウンサーの登場を現時点でカットしているものがありますこと、あらかじめお断り申し上げます。単行本になる場合には復活させる予定ですが、版元担当者の退職により、このシリーズの単行本化がかなり困難になってしまいました。そのため、ご要望にこたえつつ、各方面への配慮を両立させた試みですので、何卒ご理解を。  では引き続き、この対談シリーズ、お楽しみくださいませ。

<ご注意事項>
(1)この商品は電子ファイル(PDF)です。
(2)たいへん恐縮ですが、この画面から本商品をお買い求め頂く場合には、クレジットカードでのお支払いのみの受付とさせていただきます。
(3)クレジットカードで決済完了されると電子書籍(PDFファイル)をダウンロードできるURLをメールにてお知らせいたします。
(4)買い物かごはクイックチャージシステムを導入。一度IDを登録すると、次回からカード番号、ご住所のご入力がいりません。 ワンクリックでお買い上げいただけます。

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る