ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

2011年3月 椎名誠さんに訊く―いつまでも青春だ!―(東京都新宿区内)siina-makoto_sannikiku.jpg

siina-makoto_sannikiku.jpg 椎名誠さんに訊く―いつまでも青春だ!― 

2011年3月5日に「ガッキィファイター」メルマガ読者イベントとして行われた、椎名誠さん公開インタビュー。日垣隆が28年ぶりに椎名誠氏にインタビューを行いました。
テーマは「大人の冒険 人生の遊び方 物書きの継続法」。次回は2039年に開催予定(!?)


定価:800円 → 500円(税別) 特別割引実施中!



目次

遊びと仕事が渾然一体で35年
デビュー作でいきなり新聞全面広告
会社を力ずくでサボって「本の雑誌」を創刊
打率3割バッターを目指せばいい
ウソのようなホントの話
ミステリーや恋愛小説なんてツマラナイ
オヤジ8人で北海道物乞い旅
「カラスは人間の目玉を食うか」を人体実験してみた
出版の黄金時代を駆け抜ける
下駄履きで原稿を納品する一人工場主
仲間とは長く、深く、苦楽を共にする
現地に行って見た者の発言は強い
パタゴニア、マサイ、モンゴル――異文化理解ということ
妙齢の美人との一夜より、バカとの戦いのほうが楽しい
僕が知っている、世界で一番うまい食い物
ヘッドランプが照らし出す、厠の阿鼻叫喚
世界のあちこちでポルターガイスト体験
バカ文書きでも不眠症からは逃れられない
16歳のときから毎日欠かさずトレーニング
ジイジになって変わった人生観
なぜアマゾンの水辺では立ちション厳禁なのか
「本の雑誌」廃刊危機に創業4人組が馳せ参じた
三角ベース連盟「ウ・リーグ」で1,000人を動員
ではまた28年後に!

【椎名 誠さんのプロフィール】
しいな・まこと氏は、1944年東京都生まれ。目黒考二、沢野ひとしの各氏と協 力し、75年に「本の雑誌」を創刊。79年より作家活動を開始する。好奇心と冒 険心をエネルギーに、モンゴルやパタゴニア、シベリアなど国内外を旅行。小 説やエッセイ、ルポなどジャンルを問わず多くの魅力的な作品を生み出す。著 書『犬の系譜』(講談社文庫)、『岳物語』(集英社文庫)、『アド・バード』 (同)、『中国の鳥人』(新潮文庫)、『黄金時代』(文春文庫)など多数。 『あやしい探検隊』シリーズはロングセラーとして現在も続刊を執筆中。趣味 は旅、キャンプ、焚火。

<ご注意事項>
(1)この商品は電子ファイル(PDF)です。
(2)たいへん恐縮ですが、この画面から本商品をお買い求め頂く場合には、クレジットカードでのお支払いのみの受付とさせていただきます。
(3)クレジットカードで決済完了されると電子書籍(PDFファイル)をダウンロードできるURLをメールにてお知らせいたします。
(4)買い物かごはクイックチャージシステムを導入。一度IDを登録すると、次回からカード番号、ご住所のご入力がいりません。 ワンクリックでお買い上げいただけます。

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る