ID:

パスワード:

前の記事|

【メルマガ読者限定イベント一覧】

今まで行われた「ガッキィファイター」メルマガ読者限定イベント

■2004年1月
朝までライターセミナー  
 (東京・渋谷)
◇セミナーの模様は、
こちらでお読みいただけます。 


■2004年7月
「朝までライターセミナー」同窓会
(東京・渋谷)


■2005年4月
大読書会in大阪

◇セミナーの模様は、こちらでお読みいただけます。

■2005年6月
文筆経営向上委員会
(東京・プロのライター限定)


■2005年8月
文章講座
(東京・目白)


■2005年9月
通販講座
(東京・新宿区)
◇セミナーの模様はこちらでお読みいただけます。


■2005年12月
文筆経営向上委員会同窓会
(東京・プロのライター限定)


■2006年5月
文筆経営向上委員会 読書会『ウェブ進化論』
(東京・プロのライター限定)

■2006年8月
糸井重里氏公開インタビュー
(東京・広尾)


■2006年9月
文筆経営向上委員会 
(東京・豊島区 プロのライター限定)

■2006年11月
喧嘩必勝法
(東京・神楽坂)


■2006月年5月
文筆経営向上委員会 読書会『ウェブ進化論』
(東京・港区 プロのライター限定)


■2007年6月
緊急読書会in東京(テーマ「ウィキノミクス」)
(東京・新宿区)


■2007年9月
「セカンドライフは本当に儲かるのか」セミナー
(東京・汐留)


■2007年9月
読まずに死ねるか古典イッキ読み講座
(東京・新宿区)


■2009年3月20日
第1回緊急日垣塾
テーマ1:裁判員制度は大失敗
テーマ2:職業と道楽
(東京・千代田区)


■2009年4月11日
戦場ジャーナリストでは食えなかったけれど
 登壇者:竹内正右氏・馬渕直城氏・加藤健二郎氏・中川昌俊氏
(東京・神楽坂)


■2009年4月25日
大読書会in東京(テーマ「恋愛のサスティナビリティ(継続可能性)」)
(東京・新宿区)


■2009年5月9日
第2回緊急日垣塾
テーマ1 :北朝鮮とは何者か(テポドンは日本の何を刺激したのか)
テーマ2 :勝間和代現象を読み解く     
(東京都千代田区) 


■2009年5月23日
第3回緊急日垣塾  「秘密と報道」
「週刊新潮」大誤報、講談社「調書漏洩」医師有罪etc.を機に
(東京都千代田区内)

■2009年9月19日
読者緊急イベント「悩み解決討論会」
(東京都新宿区内)


■2009年12月29日
大読書会in大阪
(大阪・梅田)

■2009年12月30日
大読書会in東京
(東京・豊島区内)

両日のテキストは『日本の論点2010』(文藝春秋)、『フリー』(NHK出版)


■2010年3月27日
春の大読書雑談会――読書の未来は明るいぞ!
(東京・新宿区内)

テキスト
・『少年リンチ殺人【増補改訂版】』(新潮文庫)
・『「松代大本営」の真実』(講談社現代新書、当サイトのみにて販売中)
・『ラクをしないと成果は出ない』(だいわ文庫)
・『情報の技術』第19章 PDF 
※電子書籍の読み方についても議論。


■2010年4月24日
日垣式ノウハウ全公開講座
(東京・新宿区内)
テーマ:
「必要なだけ仕事をしつつ、やりたいことをやりたいようにやり続ける人生を送る方法」

テキスト
『刺さる言葉』(角川oneテーマ21)、『「松代大本営」の真実』(講談社現代新書)。『そして殺人者は野に放たれる』(新潮文庫)


■2010年7月3日
文筆−表現−経営向上委員会
(東京・新宿区内)

テーマ:
電子書籍への対処や出版危機忌避法、海外展開術、組織の帰属非帰属を問わず自立し、
自由と収入をアップさせ続けてゆく方法を摂取し合い&徹底討論。
その他、何でも。


テキスト(必須):
『売文生活』(ちくま新書、既刊)
『ダダ漏れ民主主義――メディア強者になる!』(講談社)、
「プレジデント」最新号
(2010年7月19日号/日垣の仕事部屋と理術のプライバシー全暴露)
『世界一利益に直結する「ウラ」経営学』(岡本吏郎+日垣隆、アスコム)



■2010年9月18日
読まずに死ねるか古典講座&名作落語をライブで聞く会
(東京・新宿区内)

第1部 「私の読書遍歴、新時代の読書法」(日垣 隆)
第2部 古典落語「文七元結」(立川談四楼師匠)
第3部 読書をめぐるフリートーク(自由参加)

■2010年10月30日
クレド特別会員 セミナー

クレド特別会員限定大読書会&壁越えの技術
(東京・新宿区内)

第1部(1)『売文生活』(ちくま新書)をテキストに (2)『ダダ漏れ民主主義』をテキストに
第2部『楽しく稼ぐ本』をテキストに
第3部フリーディスカッション


■2010年12月3日
第4回緊急日垣塾「なぜ日本では電子書籍が売れないのか――――と、例外的に売れる方法全公開」
(東京・新宿区内)

テキスト: 『ダダ漏れ民主主義』(講談社)と『楽しく稼ぐ本』(だいわ文庫)
DVD『裁きの果てに』


■2010年12月4 日
クレド特別会員セミナー  「壁越えの技術――突破準備編」
(東京・八重洲)

■2011年1月 第5回緊急日垣塾「不倫の代償」
(東京・新宿区内)


■2011年3月5日 椎名誠さん×日垣隆 公開対話「冒険、人生、家族、親子、継続の秘儀」
(東京・新宿区内)
◇セミナーの模様は、こちらでお読みいただけます。


■2011年4月2日 クレド特別会員勉強会
自然や経済――何が起きるか分からない時代の処方箋とはなど
日垣からの問題提起――ここだけの話――
(東京新宿区内)
■セミナーの模様の一部は、こちらでお読みいただけます。


■2011年7月12日 
第6回 緊急日垣塾 
対論「放射能汚染の正しい怖がり方
   --広島・長崎・ビキニからフクシマまで--徹底取材の全成果」
(東京都新宿区内)
スペシャル・ゲスト
   斗ヶ沢秀俊(とがさわ・ひでとし)氏 1957年生まれ
    毎日新聞社 前・科学環境部長  現・編集委員
   +サプライズゲスト
■セミナーの模様の一部は、こちらでお読みいただけます。


■2011年9月24日
中読書会「未来予測を外さない方法――全公開+討議」
(東京都新宿区内) 
 1、予想できない=すべきでないものと、できる予想がある
 2、中長期的な予想が正確にできないと、自分の人生の足場が不本意な形で
   崩れるか、豪華な首輪をつけた組織の奴隷になってしまいかねない
 3、予想できないものに無駄な労力を使わない方法、推測可能な方向性につ
   いて、マスコミや世論に流されず「自分の軸」を形成する決定的方法と
   は。また、さまざまな興味深い事象の10年後、20年後を的確に「読む」
   には?
 4、テキストをあらかじめ当日までに読み、そのなかで、
  (1)一番気に入ったものを1分程度で紹介する
  (2)その後、どうやってこれを予想できたのかを著者に質問する
 5、全体と予想と、自分の将来ビジョンは、まったく別の軸によって流れて
   ゆく。このあたりを「予測の科学」として解説。

テキスト:日垣 隆『情報への作法』(講談社+α文庫)


■2011年12月17日
見栄でもいいから英語本を読もう―をテキストに―
(東京都新宿区内)
【第1部】英語を気楽に読むには ベストセラー『フェイスブック 若き天才の野望』を共訳された 翻訳家 高橋 信夫氏×日垣 隆
【第2部】『スティーブ・ジョブズ』日米同時発売という信じがたいスケジュールのなか、たった一人で訳し切り、見事に2011年最後のミリオンセラーにした井口(いのくち)耕二氏に、翻訳業への道、日常生活、ジョブズ論、今回の翻訳裏話、秘話などを、公開インタビュー 。
【第3部】「学生ゼミ」のような詳読の試み 進行:小黒 純さん(龍谷大学教授)+日垣 隆
テキスト: 『Steve jobs』、サブテキスト:『スティーブ・ジョブズ』I,Ⅱ(講談社)
■セミナーの模様の一部は、こちらでお読みいただけます。


■2012年3月11日
3月11日――あの日から1年
(宮城県)
第1部 東日本大震災 1年目の爪痕巡礼
仙台空港―松島―石巻―女川を訪ね、震災発生直後から現地を取材し続けた日垣による復興の姿を報告。リスクについて参加者と共に考える。

第2部 東日本大震災 各県の被災者の声を聞く
福島県、宮城県、岩手県の被災者をゲストに迎え日垣によるインタビュー。
■当日の抄録はこちらでお読みいただけます。

■2012年4月14日
世界の夜明けを日本から
(東京 新宿区)
ゲスト 橋本大二郎氏(元NHKキャスター、前高知県知事) × 日垣 隆 公開インタビュー
民主党への直言、自民党への直言、日本はどこで間違えたのだろう、大阪の「変」をどう見る?、世界と日本と自分の周辺をどう変えてゆくか、地方自治の限界
突破と秘策――。
■当日の記録はこちらでお読みいただけます。

■2012年9月8日
英語が希少価値だった時代から話せないとマズい時代へ
(東京・新宿区)
世界の英語を話す人口の増加傾向はとまらない。効率よく、自分に合う学習方法で英語を取得するためのヒント編
■当日の記録は、サイト限定『英語が価値を持った時代から話せないとマズイ時代へ(音声記録+抄録のセット)』
こちらでお読みいただけます。

■2012年11月3日
(東京・品川区)
日垣塾英語学校「もう英語で苦労しない」特訓講座 英語習得前の欠落の確認と今後の学習の進め方のついて(ディクテーションと英作文を主体にした特訓講座) ■当日の記録は、サイト限定「英語スパルタ塾 特訓講座 音声記録DVD」でお聞きいただけます。

■2012年11月4日
(東京・新宿区)
積ん読 解消法――を糸口にして、本について何でも語ろう!「なぜ積ん読は起きるのか、その他二篇」「本について語ろう」

■2013年2月2日
(東京・新宿区)
今こそ世界最大の領土問題&テロ問題の深層を知ろう
■当日の記録は、こちらでお読みいただけます。

■2013年7月21日
(東京・新宿区)
自分を知る・日本を知る・世界を知る

第1部「経済の行方――アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカからの緊急報告」
(1)世界でユーロが最強になる日       
(2)何故北朝鮮制裁は成功しなかったのか
(3)ここまで落ちた日本円
(4)カジノとカジノ経済 
(5)3年後の超サプライズ
■記録は、こちらでお読みいただけます。


第2部「日本人が知らない宗教の愉悦と哀しみ」
(1)何故、宗教は始まったのか
(2)何故、キリストは神になったのか
(3)伝統宗教と新興宗教の壮絶なる戦い
(4)何故日本人は宗教を理解できないのか
(5)紛争はなくならないのか
■記録は、こちらでお読みいただけます。


第3部「英語速習法のすべて」
(1)TOEIC900点は簡単
(2)最適教材は?
(3)続けるコツ
(4)目的別速習法
(5)スカイプ&フィリピン短期留学推奨ベスト7
■記録は、こちらでお読みいただけます。

■2014年1月12日 
東京・新宿区
スマホ全盛時代、 だからこそ敢えて古典を読み続ける

第1部 今、古典を読むこと
第2部 私のお奨め古典本 
第3部 行動する読書
■記録は、こちらでお読みいただけます。

前の記事|

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る