ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

トルコのクーデターと独英と

 どこまで詳しく報じられているのかよく知らないが、この国のクーデターは3度目であったかと思う。
 私も現地にいたタイのクーデターは、政権交代までいったのに、平和であった。最後は国王(天皇)の前に両派がひざまずき、粛々と政権移譲が進められた。

 確かタイでは13度目のクーデターであった。

 現地の友人によれば、今夜はこうだ。
「結局クーデターは失敗。ものすごい数の死者と逮捕者が出ました。
 エルドアン大統領を支持する人が多く、軍が民衆にボッコボコにされたようです。
 ターキッシュエアラインズも今日から通常運航ですね。ただ、トルコ人の大半は劇場型なんで、たぶん街はまだ騒然としてると思います。いまは例によってお祭り騒ぎ」

 なぜ何度もクーデターは起きるのか。
 代議制民主主義を取る国もあれば、世襲制を取る国もあり、またクーデターがふつーに政権を切り替えさせる国も少なからずある。

 日本だって、いにしえから振り返ればクーデターの歴史であり、現代では三越などなど社内クーデターという形を変えた政権交代は続いている。

 (後略...続きは「ガッキィファイター」メルマガで)

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る