ID:

パスワード:

«    社説

前の記事| |次の記事

とにもかくにも海外へ行こう

 難しいことは言いませんから、ともかく海外に行きましょう。
 もちろん、どこへ行くかも大切ですが、誰と行くかはもっと肝要かもしれませんよね。

 過日、「ガッキィファイター」読者でつくる「クレド特別会」の実践ネットオークションで、私が出品した一つである「カジノ教室」を35名の方が落札され(東京の私の仕事部屋で25名、神戸会場で10名)、それをきっかけに「マカオ」で現地集合、現地解散、ただしコアタイムと私のスイートルーム(無理してとった。皆で集まれる広さが欲しかったので。でもカジノで勝ったので、エアバス代も含めてお釣りがきた)をお知らせしておき、適宜行動をともにする、という旅行をしました。

 イラク戦争直後には、現地に突入したこともあります(今から振り返れば、戦争が終わったのはオバマ大統領時代になってからなので、ブッシュ時代の、わずか1カ月の「休戦」期間中に「ガッキィファイター」で募集して8人で行った、奇跡の旅ということになります。 → http://bit.ly/tglyJ2 )。

 そんな旅行も含めて、ツアーもラクな面が多々あるでしょうし、独り旅もよし、カップルや仲間と焚火をするためだけにタイとラオス国境やネス湖に行く(これも俺たちか)のもいいでしょう。
 ホテルをとらずに、現地で気ままな旅というのも、憧れる人は少なからずおられるのではないでしょうか。

 モルジブやモーリシャスやモンバサやプーケットやボラボラ島やフィリピンの美しい島など、あるいはハワイのどの島でもいいので、とにかくのんびり過ごしてみる、というのも捨てがたいですよね。

 なぜ、いまこのような提案をするのか。

 第1に、史上初の円高、ユーロ安、ドル安、ポンド安、スイスフラン安、香港ドル安......だからです。
 つい先週くらいまでは、ユーロ安とドル安と円高が問題になっていましたが、今では円以外ほとんどの国の通貨が安値を記録更新しており(例外はないと言っていいでしょう。あったとしても、ドルや円やユーロを使えばいいのですから)、本日現在、米ドルは(数年前の)135円から76円台に、ユーロは145円から104円台に、オーストラリアドルも年初の114円から本日(日本時間の午前 6時で市場が閉まりました)は何と76円台(先週は81円でした)、イギリスポンドも145円あたりから今や120円を切りそうな勢い(というか衰退ぶり)です。スイスフランも年初は120円近くあったものが現在は83円台をつけています。

 円高は、日本経済の活性化を意味しません。が、円高というものは、さまざまな要因によるとはいえ、「日本人の労働価値の高さ」を意味することだけは間違いないのです。これ自体、断じて悪いことであるわけがありません。

 もちろん、日本の株式市場が史上最低となっているのを見れば、前述したとおり、日本経済そのものの付加価値によるものとはとうてい言えず、実際には他の通貨がことごとく暴落しているため、とりあえず世界の投資家が円買いという営為に対して「マネーを退避させている」という側面が濃厚なのでしょう。

 しかし、机上の空論や、データにのみ頼った議論はともかく、実際に各地を歩いてきて、ユーロは北朝鮮で(かつては日本円やドルしか使えなかったのに)基軸の通貨となっており、アフリカでも米ドルよりユーロが使いやすい国々が増えています。

 数年前まで、よほどのことがない限り、街の両替商や銀行で円を現地通貨に代えるのは造作もないことでしたが、今は困難な国や地域が増えているという実感を強く抱かざるをえません。

 ですから、円が今後、50円に向かって進むとは私はとても考えられないわけですが、だからといって円崩壊とか1ドル200円時代だの、いつもの狼少年たちの戯言につきあっている暇(いとま)はありません。

 なってみないと、わからない。
 現在、言えることは、それしかありません。
 個人的にはリスク分散(ポートフォリオと言います)をするしかないわけですが(その適切なやり方については、また別の機会に書きますね)、お金はお墓にもっていくものではなく、楽しく生きるために、あるいは周囲とともに幸福になるために使われるのが一番でしょう。

 とにもかくにも、この超円高で、海外旅行をしないという手はありません。
 そもそも、お子さんやら、ご自身の就職先を含めて、ドメスティックに考える時代は終焉を迎えていると断言してもいいわけです。
 外資系だけでなく、日本の企業で英語を標準に切り替えている傾向も、その表われです。日本国内だけから人材を集めるのと、世界中から集めるのと、どちらが優秀な人材を採れるでしょう、というクイズの答えは考えるまでもないわけですから。

 株の低迷は、逆に酷いものです。ソニーやトヨタや任天堂などなど、ことごとく下落を続けています。3年前の半分ならまだマシといった状態であり、業績は上向いているのにもかかわらず、リーマンショック以前の3分の1、10分の 1、15分の1の株価に暴落したままの――いや、まだ下がっている株が大半です。
 これは企業価値によるものではなく、株を買い支える人々がマーケットから手を引いている、としか判断しようがありません。

 上がる株は、私にはよく見えます(笑)。突然、何を言い出すのか。
 9割がた上がっている相場のときには、サルでも「株でトク」をしていたわけですが、逆に9割がた下がっている相場のときも、とてもわかりやすい。
 話は「海外旅行」から逸れていますが、ヒントだけ。

(後略・・・・・・ 続きをお読みになりたい方はメールマガジンをお申し込みください)


前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る