ID:

パスワード:

«    社説

前の記事| |次の記事

オンリーワンになるのは簡単だ


 もう10年も前のことになるだろうか。
「ナンバー1よりオンリー1を」という言葉が流行(はや)ったのは――。

 物事は一面的ではない。だから、学校教育のような、社会人になるにあたって必要な事柄を鍛錬する場としては「物差しが単調」というのは全面否定すべきではないし、かといって、社会にある「諸問題」には一つの答えなどないのだから、「ナンバー1が最も優れている」という価値観に、「オンリー1」はそれなりに衝撃を与えたのだろうと思う。
 簡単に言えば、ね。

 しかし「ナンバー1」は、やっぱり優れているのである、どう考えても。「ナンバー2」や「ナンバー230」より劣っているわけがない、その指標では、少なくとも。
 そこからの逃げとしての「オンリー1」であるならば、そんな言い方はないほうがよろしい。

 が、他方で「オンリー1」になるのは、正当な社会人として活躍してゆく、という意味を当然の前提として含意するならば、これは難しい。

 現在は、そしてこれから数十年、いやもっとだろう、今の先進国に高度経済成長期が再び訪れることはない――だろう。
 右肩上がりの時代には、「ナンバー1」を目指せばよかった。
 地頭が悪くても、学校でのテストさえ「よくできました」で出世ができた。明治5年に学制が始まって以来、その傾向は1972年ころまでは続いたのである。

 1987年から92年にかけて起きた前代未聞のバブル経済によって、「お金をもっているやつが偉い」というような雰囲気を突出させてしまった。これもまた逆に、「お金が人生の重要な要素の一つ」であることまで否定してしまってはトンでもないことになるのだが、そういう極端な発想がいけないと言っているのだ(怒)。

 中庸の精神――今ほど、この心構えが求められているときはないと思える。

「ナンバー1」というのは、学制発布から高度経済成長を経てバブルが弾けるまで、ほぼ一貫して我々日本人の価値観を自縄自縛してきた。
 どう脱却すれば、いいのか。

 経済的側面と、人生の価値という側面にのみ焦点を当てて考えてみる。「ナンバー1」は、いつでも、そして誰にでも代替可能だ。
 うだうだここで説明するまでもないだろう。

 小学生や中学生のとき、クラスで一番お勉強がよくできた子は、今なにをしていますか。
 その人にしかできない、どんなことをして世の中に役立っていますか。

 では、「オンリー1」はどうなったのだろう。
 ここまで経済が冷え込むと(欧米の経済が不安定すぎるので通貨が「円」に逃げてきているだけで、もし本当に日本経済に未来があるなら、日経平均が 8,400円を切るような超株安、かつデフレになっていることの説明はつきません)、誰でもいいから採用しようという方向に舵(かじ)を切るのか――否、お勉強が過去にできただけで、ろくに遊び(遊びは、子ども自らがルールを変えたり作ったり工夫せざるをえない)をしてこなかった「ナンバー4358」を、採用するか。

「ナンバー4358」と皮肉をかましてみましたが、それだって凄いわけですよ。 将棋の世界にせよ、学問の世界にせよ、100メートルの疾走や背泳ぎにせよ、けん玉にせよ、とにかく「ナンバー1」を舐めてはいけない。
 それができないからといって、簡単に「オンリー1」になれると思ったら、大間違い――なのか?

 実は、それほど困難でない方法がある。
 掛け算をすればいいのだ。

(後略・・・・・・ 続きをお読みになりたい方はメールマガジンをお申し込みください)

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る