ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

PDF ルポ脳生――難病ALSと闘う人々

ruponoueiPDF160.jpg ルポ脳生――難病ALSと闘う人々 (PDFファイル)


全身の筋肉が日々消失してゆく難病中の難病であるALS(筋委縮性側策硬化症)。生と死の根源を問い続けるこのALSと闘う人々と、その家族や支援者を、12年の歳月をかけて取材し、生きることの重さに迫った連作ルポ。
この作品は電子書籍でのみお読みいただけます。

定価:1,300円(税別)  →800円
特別価格 実施中


 


目次

第1楽章

声は出ないがワープロを使って
「ただごとではない」そして、告知
「脳の時代」を 象徴する病
ほんの少しだけ、希望がわいてきた
ヘソクリをどうしようか
長男が書いた作文
いまのほうが妻と気持ちが通じる
父の変化、娘の変化
父の病気を 真正面から受けとめたい

第2楽章

'93年秋
稲刈り
「主婦の友」
発病
全国組織
命綱
再会
愛がほしい

第3楽章

告知
ALS
あいがも農法
確信
ボランティア
取材者
訪問
歩けば棒に
挨拶

第4楽章

同級生からの電話
宮下さんに会いたい
発行された家庭新聞
ALSの解明が始まった
意思疎通の命綱

第5楽章

「あと5年」という診断
階段が昇れない、つまずく......
電子メールで「入院します」
外出は「万一のこと」と覚悟して
妻の在宅闘病を支えて
「俺のために生きて下さい」
仕事と介護の間で
ALS事務局長からの「遺言」
「生きているだけでいい」
下アゴで打ち続けたワープロ
1日で1年分人生を哲学する
「生きる」楽しみ持ち続けたい

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る