ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

「警察官のイメージは」
「ワイロをもらったことはありますか」

★「警察官のイメージは」★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


Q:日垣さんの男性警察官に対するイメージをぜひお聞かせください。一言で
言うとどんなイメージでしょうか。
                  (宮城県、会社員、30代前半、女性)



A:20代から30代の男性警察官は、「家賃より車のローンのほうが高い」とい
うイメージです。40代から50代にかけては「上司より大きな家は建てない」で
しょうか。
 上司より「いい車」に乗ったり、「いい家」に住むことはありえません。良
く言えば実直かつ律儀で、悪く言えば自由がないわけですね。


 警察官には「車好き」が大変多く、住んでいるのがプライバシー極小の警察
アパートか小さな賃貸なのに、平日用(カローラかレガシー)と週末レジャー
用のワゴン車を使い分けていたりします。



★「ワイロをもらったことはありますか」★━━━━━━━━━━━━━━★

Q:日垣さんはワイロをもらったことがありますか。私は国家公務員志望で、
賄賂を受け取ったらまずいのですが、公務員である父は……【かなり差し障り
があるため後略】。
                  (大阪府、大学生、10代後半、女性)



A:昨日(12月29日)、手帳でお馴染みの版元から、「リシェル3」の来年版
が届きました。「ガッキィファイター」や『知的ストレッチ入門』がきっかけ
で「リシェル3」の売り上げが急に伸びたためだそうです。


 これは、賄賂(わいろ)の一種なのでしょうか。
 広辞苑には《不正な意図で他人に金品を贈与すること。また、その金品》と
あります。金品は《金銭と物品》ですから、お金に限らないわけですね。
 しかし、千数百円程度の自社製品なら、別に良いでしょう(笑)。先にも
らってから書いたのなら、まずいと思いますが。


 そもそも、来年用の手帳を12月29日に贈るというのは、完全に売れ残りなわ
けですよね。もらっておいて、こんなことを言うのは何ですが。
 それでも良いものは良い、と改めて言っておきたいと思います。


 なお、今年11月18日に開催した「喧嘩必勝法」に参加された130人のうち、
ちらっと見えただけで30人くらいが「リシェル3」をもっており、みなさま素
直だなあ、行動的だなあと感心しつつちょっとだけ引きました。


 この際ですから、難点を申し上げておきます。
「リシェル3」に限らず多くの手帳には、月が変わる際の前後の余白(例えば
2007年1月の末尾に付された2月1日〜4日、2月の冒頭に付された1月29日
〜31日など)が薄く印刷されているのですが、あれは止めるべきでしょう。


 とても使いづらいからです。そもそも、薄く印刷する意味もありません。余
白をオリジナルに埋めるのが面倒なら、罫線を引いて、メモにでも供しておけ
ばいいのです。
 2007年では、ピタリと日曜日で終わり月曜日から始まるのは9月から10月に
かけてだけで、例えば4月は、前月の26日から31日分が「薄く印刷された無駄
な領域」と化しています。いったい何に使えと言うのでしょうか?


 謹呈品に文句を言うのはごめんなさいですが、今のところベストと思える手
帳なので、もう少しだけ小さな改良をお願いしたいと思います。

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る