ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

二丁拳銃状態について

 2001年に発売されたiPod(アイポッド)は、パソコンと同期する携帯デジタル音楽プレイヤーです。同期の桜の同期ではありません、お父さん。この場合の同期とは、パソコンのデータが更新されるとiPodのデータにもその変更が自動的に反映される、というような意味です。
 具体的な例はおいおい述べてゆきますので、今回だけ小難しい話を我慢してください。

 さて、iPod Touch(アイポッド・タッチ)は、全面タッチパネルを採用した iPodであり、無線LAN(ラン)やSafari(サファリ)などが使えるようになったため、ウェブ端末としての機能をもつことになりました。

 iPhone(アイフォーン)は、簡単に言えばiPod Touchの欠点(電話をかけられない、無線LANのないところではネットにつながらない、ネットにつながらない以上ただ重いだけのiPodと化す、カメラもない、マイクもない)を克服した世界最小のネット端末と言えるでしょう。iPod Touchの愛用者におかれましては反論もおありでしょうが、2009年2月現在、iPod Touchを買う人の気が知れません。

 iPhoneは、iPodやiPod Touchの進化した姿、または完成形と言えます。電話もiTunes(アイチューンズ)もSafariもYouTube(ユー・チューブ)もGooglemap (グーグル・マップ)などなどが常時利用可能なiPhoneは、iPodもiPod Touch も中に入ってしまったわけです(このあたり、ちんぷんかんぷんかもしれませんが、そういう方はiPhoneなど生涯必要ないのだと思います。どうか安心して成仏してください)。

(後略・・・・・・ 続きをお読みになりたい方はメールマガジンをお申し込みください)

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る