ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

カラオケ・アプリ「UTAMO」のお薦め(笑)

 一昨年7月に「日本上陸」を果たしたときは、初期費用だけで8万円近くし
たiPhoneは、それからさらに1年後に少しだけ進化を遂げ、今度は普及に向け
て「0円」商法を開始。実際には毎月5,000円前後+アプリ買いで1万円とすれ
ば20年で240万円という普通乗用車並みの買い物をしたことになるのですが、
「0円」のインパクトは強く、アッという間に普及してしまいました。

 このメルマガ(「ガッキィファイター」2009年2月18日号)で書いたように
(「iPhonistと名乗るほどの者ではないけれど」連載第2回「二丁拳銃状態に
ついて」)、当時はまだ「電話」として認識され、街中でもめったに見かけ
ないものでしたが、今は地下鉄でも両隣がiPhoneを使っていたりして、その中
間にいるような場合に、なぜか取り出しにくいという自意識が邪魔をしてしま
う今日この頃です。

 簡単に言えば、ケータイは電話(+オサイフ+慣れたアプリ)であり、
iPhoneは最小の端末です。だから、どうしても(金銭的余裕問題もありますが)
二丁拳銃状態になるだろう、と予想しておいた次第。
 したがって問題は、外出時に両方とも忘れないように気をつけるのは結構難
儀であり、ましてや、「充電しながら長話していると充電切れになる」という
恐ろしい特性をもつiPhoneなので、決して極小とは言い難い簡易充電機を常に
持ち歩かないと、いつ「切れる」かわかったものではない、というドキドキ感
がたまらない。というか、早く充電のキャパ拡充してください。

(後略・・・・・・ 続きをお読みになりたい方はメールマガジンをお申し込みください)

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る