ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

この切迫した情勢下で「プラモを語る」by石破茂防衛大臣

この切迫した情勢下で「プラモを語る」by石破茂防衛大臣
 以前、防衛施設庁の巨額な無駄遣い(存在自体が無駄)について、このメル
マガで触れたことがあります。
 便宜のため(会員専用サイトでバックナンバーをご覧になれますが)、一部
再録しておきましょう。


《防衛施設庁は、いきなり来年早々に防衛省に飲み込まれてゆきます。しかし、
これまで施設庁がいったい何をしてきたのか。米軍基地からかなり離れた住宅
地の家々にも、タダで雨戸をつけたりタダでケーブルテレビを入れたりタダで
クーラーまでつけたりしつつ、毎年予算化が必要なので例えば「今年は町田市
では8,200世帯に空気清浄機をタダで交換」とかを延々やってきたわけです。
防衛施設庁にお金を出してもらった住民は、それらの家電が故障したときにも、
街の電器店で勝手に修理すらできないのですよ。


 防衛施設庁は、儲けで笑いが止まらないオイシイ社に天下りをし、平然と談
合を重ね、他社を締め出し、そうやって税金を湯水のごとく無駄遣いしてきま
した。それ以外の仕事を、防衛施設庁はしてきたのでしょうか?
 一切していません。


 本来なら解体すべき防衛施設庁を残置し、防衛庁という必要不可欠な庁と足
して「省」にする、という案になぜ、ほとんどすべてのマスコミとほとんどす
べての政党が賛成なのか?


 お断りしておきますが、社民党や共産党に「反対」する資格などありません。
 なぜなら、自衛隊や防衛庁は「違憲だから存在しない」として、両党は冷戦
時代に、自民党が多めに出してくる防衛予算をずっと事実上丸呑み(本当です
よ!)してきたのだからです。》(2006年12月1日号)


 今は防衛省次官の汚職がようやく報道されるに至っていますが、そんな小さ
な問題ではありません。
 さて、この一大事に現役の防衛大臣は「週刊プレイボーイ」誌上で、勤務時
間内に趣味のプラモを自慢をしながら(大臣室にもヲタな品々が多数陳列され
ているのです)、なかなか興味深いお話をなさっています。


(後略・・・・・・ 続きをお読みになりたい方はメールマガジンをお申し込みください)

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る