ID:

パスワード:

|次の記事

崩壊するペソ経済 最後の社会主義国キューバで見たもの(1)

  
 もうすぐ革命50周年を迎えるキューバで、カストロより人気が高い故チェ・ゲバラの肖像をあしらった3ペソ紙幣を、私が42枚ほど手に入れたのは、ハバナ湾を臨む世界遺産の一角、ということにしておきたいと思います。

 外国人である我々が書いたがために、現地で処分される人が出るのは、たとえそれが不正だとしても、経済を破壊した為政者への小さな異議申し立てと生活防衛でしかないのですから、まったく嬉しいことではありません。12年前の同国訪問時に『情報の技術』(朝日新聞社)に書いたこと(例えば医師が白タクでドル稼ぎなど)はその後みな、ご法度(はっと)になってしまいました。一人の物書きが明記したからどうの、ということはないだろうと一般的には思えるのですが、在日社会主義国大使館のお仕事ぶり(せっせと日本語の活字を読んでは本国に密告)を思うと、それなりに配慮せざるをえません。

 その世界遺産には、数十人の公務員(この国ではたいていの勤労がまだ公務です)が案内や監視のために働いています。月給は平均して400ペソくらいでしょう。
 24ペソが1ドル(=1兌換<だかん>ペソ=約120円)に相当しますので、 400ペソの給料は17ドル(約2,000円)ということになります。が、このような換算は、キューバではあまり意味をなしません。

 現在のキューバでは、外国人(日本人)が外貨(日本円やユーロ)と正式に交換できるのはペソではなく、兌換券(CUCと表記されますが、使用ご法度の米ドルと実質的に同じなので、今後はドルと表記します。現地でも「ドル」と言えばこの兌換券を指します)のみであり、このような方式は、かつて中国でも行なわれていました。ある意味、画期的な「発明」です。国内で流通している貨幣とは別に、外国人用に「子ども銀行券」みたいな紙切れをじゃんじゃん印刷して、まるで掃除機のごとく国庫に外貨を吸い取ることができる仕組みだからです。

 ただし、これは共産圏の発明品とは言えません。太平洋戦争時に日本軍が現地で交換を促進または強要した軍票(ぐんぴょう)も、ベクトルは逆ですが同じ発想です。
 歴史的に見て、兌換券は詐欺的な外貨稼ぎであり、けっして長続きしていません。兌換券でしか買えない品の比率が増え、旧来の貨幣経済を崩壊させてしまうからです。現地の貨幣では必要最低限のものすら買えなくなり、地元の人がこぞって兌換券を求めるようになるのは必然でしょう。

 実際もうキューバでは、ペソによる貨幣経済は崩壊しています。ペソでは、配給物資と野菜くらいしか買うことができないからです。ペソは、貨幣というより、配給券です。

 子どもにタオルケットを買ってあげたいと思えば、場所によっては現地貨幣で買えないわけではありませんが、その場合にも最低200ペソが必要です。半世紀前には普通に飲めた純度の高いコーヒーは1キロで例えば7ドル(168ペソ)、ラム酒は1瓶10ドル(240ペソ)もしたりします。

 一体どうして、大人の月給の半分を、タオルケット1枚や、コーヒー1キロや、ラム酒1瓶と交換してしまうことができるでしょう。
 アメリカに亡命した家族からの送金がない場合にも、幾つか方法があります。何かを売って、ドル(兌換券)を稼ぐのです。あるいは、外国人に乞うて貰うのです。

 世界遺産で働く公務員たちも、もちろん例外ではありませんでした。

|次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る