ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

唐津一氏の巻 "机上だけの解決などくそくらえ"

唐津一氏(1919年〜):逓信省電気試験所勤務を経て、1948年、日本電信電話公社(現・NTT)入社。61年、松下通信工業に移り、企画部長、情報システム部長などを経て、71年に取締役、78年に常務、84年から松下電器産業技術顧問。 86年より東海大学開発技術研究所教授。90〜93年、東海大学福岡短期大学初代学長を兼任。94年より電通顧問、02年から東京都参与。著書に『儲かるようにすれば儲かる』『デフレ繁営論』『コンセプト・エンジニアリング革命』『産業空洞化幻想論』『QCからの発想』『TQC日本の知恵』『説得の法則』などがある。
 下記の引用はすべて『ビジネス難問の解き方』(PHP新書)によった。


《予想が覆れば、その後の行動も変わらざるをえない。ある人間に新しい情報を伝えたことで、それ以後の行動がどのくらい変わっていくか。〔中略〕情報量とは驚きの大きさだといっていい。》(P69)


《渥美〔和彦=人工臓器で著名な東京大学名誉教授〕氏は「問題を発見する能力」の高い人ほどボケないと指摘する。
「人間、やっぱり心配しなきゃだめだね。いろいろと心配して問題を発見するほど、それを解決しようという気力も湧いてくる。それが長生きの秘訣だよ」と教えてくれた。〔中略〕
 人間の脳の働きは「心配する」ことによって活性化されるわけである。以前、私はこのことを松下幸之助さんにお話ししたことがある。すると"商売の神様" はこう言われた。
「さよか。それなら、皆がわしを長生きさせてくれるわ」
 これは冗談でもなければ、皮肉でもない。大まじめなのである。》(P78)


《経済担当のベテラン記者がやって来て、日本の経済はこれからどうなるかと、私に質問したのである。そこで、私は資料を渡しながら、現在こうだからこうなるよという話をした。すると、どういうわけか、その記者には私の話がすべて新鮮に響いたらしい。というよりも、知らなかったことばかりだという。相手はベテランの経済記者である。これはいったいどういうことか。どうやらその人の頭のなかにある日本経済の姿というのは、日々マスコミを賑わすニュースだけで構成されていたようだ。》(同書P181〜P182)


《問題解決の本質とは何か――外交・軍事はもとより、企業経営から職場や家庭内のトラブルにいたるまで、すべて相手や条件のあることで、自分の思い通りにはならないのが常だということである。》(P18)


《問題解決はつねに現実との闘いである。状況の変化を読み、最適のタイミングで繰り出すことだ。現場現物主義だけが成功の手段である。》(P204)


《問題解決とは、常識や道徳の規範では単純に白黒つけられない、なまなましい現実との闘いにほかならない。それこそ、生き残りをかけた食うか食われるかという場面になれば、白黒をつけるどころか、黒も白といいくるめるぐらいの手練手管が必要になってくる。〔中略〕
 肝心なのは、問題の背景に利害対立がある以上、その対立を避けていては問題解決ははじまらない、ということである。》(P19〜P23)

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る