ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

樋口康彦『崖っぷち高齢独身者 30代・40代の結婚活動入門』(光文社新書)

 今春のガッキィファイター主催「恋愛講座」(恋愛のサスティナビリティ)
のテキストの1冊だったものです。
 著者は富山国際大学講師で、まさに崖っぷち。しかも、大真面目な語り口と、
ときどき自然(!)に出てくる女性蔑視の発想。
 こういう本は、読書会には最適です。反発はありながら、この極端さを差し
引くと、途端に自分の「都合」や「きれいごと」が浮き彫りになってきてしま
う。


 ひとりで読むには惜しい本、というものがあるように思います。別の言い方
をすれば、「私的読書クラブ」に最適な読み物。上品に笑ったりケチをつけた
り、お互いの体験や「実はね」を自己開示したくなるような楽しいテキストと
して、本書はうってつけです。


 ちなみに私は実際、男女52人で『崖っぷち高齢独身者』をテキストに大読書
会をやってみました。既婚女性も少なからずおり、20代バツイチ男も、若い学
生もいて、40代で浮気をしている女性も、50代で夫に不満だらけ(本人比)の
奥様もいらっしゃいました(よね)。


 日韓に独特の就活(就職活動)になぞらえて(他の国々では新卒予定者が一
斉にリクルートスーツを着て就活にいそしむ、という習慣はありません)、近
頃よく耳にするようになった「婚活」。本書の著者は、この5年間でお見合い
有料パーティに参加すること114回、結婚相談所で68人もの女性とのカップリ
ングに挑戦したツワモノです。


 いや、ツワモノというより、ほとんど連戦連敗に近いといいますか、ときど
き確かに「勝つ」のですけれども、彼女いない歴41年の大学教師(1965年生ま
れ)であるためか、お見合いパーティで「元学生」と再会してしまったり、自
分のことを棚に上げて不美人すぎるとか生意気だとか罵倒したり、わずかな距
離を一緒にタクシーで移動した際に、お見合い相手が「お釣りはいいです」と
運転手に言ったところ「低所得者のくせに、そんな無駄をしていたら主婦など
務まらない」という趣旨の怒りを抱いたり(おまえが払えよケチ!)、「悲し
いほどに妥協せよ」と太字で教訓を強調しながら自分では相手のルックスや身
長に相当こだわっていたりする――。
 つまり、本書は「突っ込みどころ満載」なのです。


(後略・・・・・・ 続きをお読みになりたい方はメールマガジンをお申し込みください)

◆『崖っぷち高齢独身者』のお求めは、こちら ↓


 アマゾン:
 http://bit.ly/c6Z6Qs

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る