ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

第372号(3月13日)

総 特 集――大地震と内戦――
  
【緊急特集 第1回】災害報道は何を伝えたか

「敢闘言――東京、チュニジア、リビア、東北――1週間で見てきたこと

■■災害報道は何を伝えたか――廣井 脩さん×日垣 隆

★巨大地震は集中する
★神戸で起きたこと
★取材者の目線
★取材者の危険と安全
★逃げる!
★災害は進化する?
★「いま、ここ」に伝える
★安否情報
★流言飛語
★貼り紙と携帯電話
★身近な対策
★帰宅難民


 今、私は仙台市におります。
 大学時代を過ごし、しばらく働いたこの市は、平成の大合併で、とてつもなく巨大な面積をもつ市に変貌しており、北陸を経て山形県から宮城県に入ったと思ったら、すぐに仙台市――。

<中略>

 ご存じのとおり、先週土曜日(3月5日)には「ガッキィファイター」主催で椎名誠さんと私との公開対話があり、椎名さんのお話に満席の会場は笑いに包まれ、サイン会も長蛇の列となりました。

 その後、私は個人的に日本橋に移動して(一昨年、ラジオ番組での共演と、トカラでの皆既日食旅行にお誘いし、1週間密着して過ごし、日食前日には二人だけの露天風呂体験などをしたご縁で)野口悠紀雄さんの最終講義とパーティーに出てから自宅に戻り、荷造りをして翌朝すぐさまローマとチュニジアを経てリビアに入っていたのです。

(後略 続きはメールマガジンをご覧ください)

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る