ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

第332号(2月1日)

□今週のコメント
   ◆追悼・北村勤さん
     (私の中学時代から憧れていたライターの先輩)
□今週の掲載情報
   ◆『戦場取材では食えなかったけれど』
     (幻冬舎新書、777円)
   ◆「週刊現代」2月13日号 メディア考現学――
     なんなんだこの空気は 第25回(2ページ)
    「孤独な読書と、サロン的な読書とは、まったく違う体験知」
   ◆12年の歳月をかけた慟哭のルポ、いよいよ発刊へ
    『少年リンチ殺人 [増補改訂版]』(新潮文庫、540円)
   ◆『折れそうな心の鍛え方』
     (幻冬舎新書、777円) 第5刷出来
   ◆TBSラジオ「サイエンス・サイトーク」2月7日
     21:00〜21:30「正しいトレーニングを」
   ◆電子書籍『情報の技術』(2,650円→特価1,500円)
   ◆他にも電子書籍、続々完成(すべて特価) 
     http://bit.ly/7LTk0A
   ◆PDFオリジナル出版『イラクへの遠い道のり――
    「ガッキィファイター」イラク隊出発前全記録』
    (定価1,800円、メルマガ読者600円)
    http://bit.ly/93fDPz
□あの名作をもう一度
   ◆内田義彦『社会認識の歩み』(岩波新書)と
    『読書と社会科学』(同)
   ◆西田幾多郎『善の研究』(岩波文庫)
   ◆ラス・カサス『インディアスの破壊についての
    簡潔な報告』(岩波文庫)または『インディアス破壊を
    弾劾する簡略なる陳述』(現代企画室)
□iPhonistと名乗るほどの者ではないけれど
   ◆カラオケ・アプリ「UTAMO」のお薦め(笑)
□情報源の話
   ◆書誌づくりの方法――「覚醒剤」というテーマを例に

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る