ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

第336号(3月10日)

本好きな貴方へ。緊急のお知らせ


【春の大読書雑談会 早割は本日20時まで】

□題名:「春の大読書雑談会――読書の未来は明るいぞ!」
 日時:2010年3月27日(土)
□場所:東京都新宿区内 大ホール
□開始:12:45開場  12:59開演
□終了:16:30

春の大読書雑談会 一般お申し込み 

http://www.gfighter.com/0004/20100305003521.php

「春の大読書雑談会」メルマガ会員割引実施中 詳しくはメルマガで


【「日垣式」ノウハウ全公開講座】
□日時:2010年4月24日(土)
□場所:東京都新宿区内 
□開始:12:45開場  12:59開演
□終了:16:30
□内容:仕事全般と執筆の工夫や整理法と取材論と課金と手助けと読書術と子育てと仲間作りと独自なネット利用と雇用とFREEとメモ術と読書新ツールと、それから何より「ゆとりある生活と充実した仕事や子育てとの両立」についても……等々の方法を全公開。

「日垣式」講座  一般お申し込み 

http://www.gfighter.com/0004/20100305003523.php
 
「日垣式」講座 メルマガ会員・早割 3月20日正午まで実施中 詳しくはメルマガで


■■本好きな貴方へ■■

□付録1 2010年を幸せにする
    大読書会in大阪 ツイッター中継


さぁ、始まりました。12:59スタート。
PM 12:59
--------------------------------------
第1部は日垣氏への大質問会。13時50分まで。
PM 13:01
--------------------------------------
まずは読書法に関するノウハウ公開。毎月の書籍代50万円の日垣氏が何を言うか?
PM 13:04
 ↓
(中略)
--------------------------------------
ガッキィファイター「大読書会in大阪」。参加者からの質問にこたえて、執筆の極秘エピソードを公開中。会場の空気が濃いです。
PM 13:57

(中略)
---------------------------------------
おもしろすぎるバトル・エピソード。日本の文筆業界が衰退していく理由が、腑に落ちる。
PM 16:12
 ↓
(中略)
---------------------------------------
ニュースの編集権。かつては新聞社にあったが、今はネットのニュースサイトのものに。
PM 16:37
 ↓
 ↓
(この後続く)

全貌はメルマガで

□付録2 2010年を幸せにする
    大読書会in東京 ツイッター中継

----------------------------------------
日垣さんの前振り(?)タイム。爆笑の連続です
PM 12:56
 ↓
(中略)
----------------------------------------
副業について。参加者アンケートの結果。日垣さんが「何かのプロになりたい」と思ったきっかけについて、詳述。
PM 13:13
----------------------------------------
 ↓
(中略)
----------------------------------------
質問第3弾!『フリー』P215について。日垣回答、その1:著作権について その2:「作家の敵は…」について。|冗談、辛口発言、実体験、ところどころちょっと(いや、かなり)危険で実況しかねます(笑)。PM 14:04
 ↓
(中略)
-----------------------------------------
『日本の論点』について。参加者挙手。日本の論点P84、88(日本の成長、格差)について自ら会場に賛否を訊ねる!日垣のコメント、参加者からのレスポンス。静かに熱いです!
PM 15:16
 ↓(中略)
-----------------------------------------
質問第9弾、一般教養について。日垣「己の無知を知ること。ネットは自分の関心分野には深く入り込めるが、ネットオンリーでは関心のない分野について薄くなりがち。毎年『日本の論点』を読むのは自分の弱い分野があることと、それについて知るため」
PM 16:15
(この後続く)

全貌はメルマガで


□付録3 2010年を幸せにする
    大読書会in大阪 記録ノート(抄録)

★第1部(質疑応答)
Q:良質な本と出会うには?
Q:読書の仕方について。
Q:自分は転勤族だ。書籍を所蔵するコツは?
Q:著作をフリー化する予定は?
Q:古典や難解な本へのアプローチの方法。
Q:内容が頭に入らない。理解度を上げるためには?
Q:中学生に読ませたい本は?
Q:判例をどのように検索していますか?

★第2部 『日本の論点2010』について
・『日本の論点』を全部読んだら尊敬される
・日本だけ沈まないようにしようとする政策は可能なのか。
・恐怖を煽ることは、ノーリスク・ハイリターン
・新しい判例を作れるのは名誉なこと

★第3部(『FREE』について)
・アメリカで起きたことは、たいてい4年後に日本でも起こる
・広告はなくならない
・「仕事」にする条件は
・作家の敵は
・トップ記事の編集権が、今はYahoo!に
・読書会の参加者の役割


□付録4 2010年を幸せにする
    大読書会in東京 記録ノート(抄録)

★第1部(「『FREE』について」)
Q:モテ期はありましたか?
・副業について
・著作権について
Q:どうやってメディアを作っていけばいいのか
・遅れて参入すると失敗する
・これはいいと思ったら実現する方法
Q:「フリー」の恩恵は
・読書には3つある
Q:勝間さんは本の売り方を考えている。日垣さんは?
Q:日本の医療体制について

★第2部(「『日本の論点2010』について」)

・「日本だけ幸せ」はエゴイステック
・『日本の論点2001』で、アマゾンの失敗を予想した人
・経済学者は意見が分かれすぎている。
Q:読書会はビジネスモデルになるのか
・読書会を継続させるコツ
・何ごとも、桁を2つ乗せないと目立たない
Q:ロングテール化で意見が分散することは、社会的にいいのか
Q:『日本の論点』の売り方
・「フリー」化で大事なことは
Q:メルマガのフリー化は

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る