ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

第491号(12月3日)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
          飛躍するための英語塾
    「もう英語では苦労しない(途中では苦労するw)」
           年末年始集中講座
           12月16日スタート!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


★死んだ気になって英語を身につける、年末年始集中講座。やり遂げた方には全額返金いたします!★━━━━━━━━━★


 30日間集中特訓英語スパルタ講座を12月16日からスタートします。
 http://bit.ly/1Aez7ZU
 
 日本国内にもアジアや世界中から有能な人材が押し寄せています。この国の失業率や低賃金化は、いま20歳の人でもその目が黒いうちに解消されることはない、と断言できます。私的にも公的にも教育も受けておらず大半が1日数ドル以下で暮らす国々で、ゆとりある生活に移行できた人たちは英語ができるようになったゆえ、という現実も世界を訪ねながら見てきました。

 これまで、不必要な「脅し」を私は強く自制してきましたが、いまという時代にパソコンやスマートフォンが使えないとか、金融リテラシーが皆無というような個人が、どんな会社や組織にもとめられ、ゆとりと自由を確保してゆけるでしょうか。25年前ならいざ知らず、現時点で、「そんなものは脅しだ」と断言できる方は、世界的に名の知れわたるレベルの天才だけでしょう。

「日本人だけ英語なんて必要ない」とか「話せないほうが愛国的だ」と主張する方は、もうほとんどおられないと思います。問題は、率直に言えば「めんどうくさい」とか「続ける自信がない」というような不安や感情です。

 
 継続とは、意思の問題ではなく、あくまでも継続するシステムを作ることにかかっていると私は考えています――。

 このたび熱いご希望により、年内に特別継続講座の開講を決定しました。
義務と責任感と期待かな。

 課題は昨年11月の「飛躍するための英語塾」を一部変更しながら配信します。
 
 課題は主に3つ。

<後略>

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る