ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

第593-2号(4月1日)

□読まれる社説
 ◆「普通と違う」を普通に!ーー小学生からでも始められる方法論


■■読まれる社説■■

★「普通と違う」を普通に!ーー小学生からでも始められる方法論★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


普通の意味は、ここでは95%を指しておく。「普通がいい」 V.S.「普通なんか嫌だ」という相反する志向は、子どもから老人に至るまで実は人生最大級のテーマであり、自覚と必要がきっちりあれば変えられる。


 いきなり矛盾するようだが、変えられない人たちも無数に見てきた。私は、集団では変えられないが、個人では変えられる、という確信と、そのことには例外がなかったことに基づいて発言を続けたい。また、変えるためには、変えられないパターンに対する深い洞察は不可欠なのだ。


 たとえば普通の公務員は「大過なく」を退職時の決まり文句のように公にすることを恥じていない。ただし、今後「大過なく」は「初期導入10万円 + 年間維持費(月間ではなく年間)32万円のロボットができる仕事をやって"普通"に38年勤務して3億4,000万円をいただいてまいりました」の意味になるから、うらやましい時代から、ありえない時代に突入している。


 私は5歳から(それ以前の記憶はない)、商家の両祖父や番頭さんたちから、「智慧は財産」だとあらゆる場面で話をされてきた。


 そのことが大きかったのか、よく分からない。「両方ともトクな方法」は必ずある、という程度には理解していたのだと思う。


 小学校4年のもき(親からの)小遣いは毎月500円だった。6年のときには自由になる資金は毎月8万円ほどになっている。野球やら考古学や天体や昆虫に強い関心をもっていたから、毎月500円の小遣いでは専門雑誌ひとつ買ったらおしまいであることは、莫迦な私でも分かる。中学ではトランペットで食うことを目指したのと、カラヤンやらカール・ベームやらのオーケストラが来日すれば独りでチケットを購入して「あさま」に乗った、たとえばね。
 小4で新しい(現代式の)スキーが20万円ほどで販売されたときも、親に反対されたが押し切った。親の屁理屈(笑)がゴリ押しされるのも、最後は財布力を持っているからだ。そこを根底から崩してしまえば、「最新のスキーを購入し、周囲にいるセミプロのお兄さんなどにスキー場まで連れていってもらう」で、簡単に解決するものだ。


 どうやって収入を得るようになったかは、以前にも書いたことがある。母親は試験の点数をかなり気にするので、たとえば「9教科×95点」を取れば、という約束を取り付ける。重要なのは、そういう約束がない限り、落ちるところまで落としておくことだ。


 もう一つの大きな収入源は、私を日本人として世界に通じる神父にしようという横浜教区の大号令のもと、修道院で夏休みは修行させられたのだが、「時給や日給は困る」ことだけは条件にした。「成果主義」と「(トイレ掃除など雑務は)1件いくら」で請け負った。


 成果主義も幼い者にも当たり前である。


 たとえばミサに必要なラテン語を、小学生がやる意味は?


 よくできても、サボりまくっても、同額の援助とは理不尽すぎるのでは?


 双方にとって望ましいのは、使える成果なのである。


 大学生のときは、人生で最も忙しかったように思う。誰にも可能ではない大学生協理事長(理事に田中耕一さんがいた)とか、自治会連合委員長(4期)のとき教養部委員長に私がオルグ(笑)した小池晃さんとか(現在は共産党書記局長)は、ここではあまり参考にはならない。福武書店(現在のベネッセ)が大学入試向けの小論文講座を本格的に始めたとき、私は社外リーダーとして正社員の月給よりたくさんもらえたーーも「自慢」ととる人はいるかもしれない。得意なことを、しっかりより上達するには、たくさん収入を得るほかないのだ。逆に、月謝を100万円積んで皆プロになれると思いますか?


 私は「第1次子育て期」に、高校大学時代に3人とも「ありきたりのアルバイト」だけは禁じた。旅行や書籍の出費は天井なし(やってみれば分かるが、トータルの額ではそれほど変わらず、別会計で使い放題になる旅費や本題や新聞代はカットされないーーとても肝要なことなのだ。


 私の学生時代には、コンビニでバイトしている者はいなかった。飛行場のライン引き、とか、医学部での死体洗浄などが割高なバイトだった。一番ありきたりのバイトは、家庭教師。風俗は知らない。95%が男子学生だったし。


 会社を立ち上げていたのは、私を含めてよくあった。会社や役所でバイトとして働くーー雑用ではなく、ボーナスも出るクリエイティブな仕事はかなり待遇が良かった。


 子どもたちに、コンビニなどのバイトで貴重な時間を浪費してほしくない。そんなものは俺が出す。学費がいかに高いかーーをしっかり考えるべきだ。


 国内外の現場で学ぼう、回答が一つと決まっている試験の成績などクリアしておけばよく、ゼミや研究や試合や体験知だけはトップをとろうーーとだけ助言し、それらは「双方とも(だけでなく大学も日本も)トク」なことなので、もちろん嬉々としてやってくれたーー。


 好きだったこともあり家庭教師を、大学1年から社会人になってからもバイトとして28歳までやっていた。常にニーズは増えていった。いうまでもなく、やり方が、普通ではなかった。


 2回目の会社勤務のとき、とんでもなく低賃金だったことに2カ月半後に気づき(最初は1カ月半分が出たので気づかなかった)、公務員をしている知り合いの母親から、「長女をA高校に入れてあげたい。このままだとB高校との指導で決まってしまう」とのこと。


 月額4万円という信じがたい(安い)オファーだったが、以下の提案をした。


1.) 4万円ではお引き受けできない。4人、集めてほしい。


2.) 目標はお勉強時間を長くすることでも、また、ほどほどに試験の点数が上がることでもなく、A高校に受かることです。中学の担任にも「ぜひ」と思ってもらわないと、彼らは生徒の人生より自らの保身と成果を優先しますから、そのこともしっかりクリアしないといけません。私が入試まで1年間、家庭教師を週1だけやって、A高校に合格させますから100万円用意してください」といった。当然、迷いもなく同意された。私は家庭教師を15人ほど体験したが、すべてこの方法によっている。双方ともトクな方法として、ごく「普通」の家庭教師に驚くべき成果を期待できるためには、コレしかないではないか。


 クレドという「所得倍増計画」を、このメルマガ内で続けたことがある。最終年度は私が大変な障害を追ったものの、8割型は大きな成果を出してくれた。15%は「周囲の変化や助言により前に踏み出せた」。私自身も、そうだ。独りでは決してやらなかった新規事業も10以上を成功させた。


 が、あとでいろいろ正直な話を聞くと、わずかながら貯金は未だ限りなくゼロに近い、とか、サバンナに子を連れて行く約束が果たせず、もう行きたいとも言わなくなった、などの例外は確実にあった。会の脱落者に多いパターンではあったが、まだ「時給、日給、月給」の思考パターンから脱せられなかったのだ。


 世間では、そのほうが「普通」だろう。


 これから(AI化や合法外国人労働者の激増による)、ますます「普通と同じ」が行き場を失う。


 またしても当たり前のことだ。「皆と同じことしかできない」人材を雇うのは、地方役場くらいなもの。民間では、自然淘汰される。ご自分が経営者になれば、いやでもよく分かるはずだ。


 私は「自由」について語っている。


 奴隷的労働から解き放たれ、時間、職場、収入、移動(旅)、そして人間関係の自由!


 己れにしかできないスタイルや技術を持った仕事と遊びを愉しむーーこれは人生最大のテーマだ。たとえ健康を害しても、その方向は変わらない。


 死ぬまで奴隷がいい、という超ドMさんは例外ね(笑)。

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る

 

メールマガジンのお申し込み
最新号も、バックナンバーもすぐにお読みいただけます。
「古典講座」にもご参加いただけます。


◆労働時間を減らして所得倍増以上を果たし続けたい。
「クレド特別会員」へのお問い合わせはこちら

日垣隆事務所顧問弁護士団
東京都港区六本木1-8-7 アーク八木ヒルズ11階

verybest logo.gif
gentepdf147.jpg
当サイトのみで購入できます
zepanbar148.jpg
日垣隆著作のうち絶版本が電子書籍で甦りました。
当サイトやamazonで購入できます。




 
nihonnokiseki160.jpg
日本の奇跡--戦後歴代首相による施政方針演説集 
最新更新版 当サイト限定発売!

 
nihonnosensouribon160.jpg
日本の戦争を見に行く
当サイト・kindleで大ヒット販売中


matsusiro100.jpg
「松代大本営」の真実
当サイトのみで新品を販売中


tunagarudokushojutu100.jpg
つながる読書
知識と、世界と、人々と。読書からの新しいつながりかた

DBhyousi_a.png
日垣隆28年間の全著作データベース(Excel)
サラリーマンも過去の仕事を総点検するDBで新たなコンテンツを!
eigojuku-4160.jpg
もう英語では苦労しない――無駄を省いた最強のスパルタ英語45日間
日垣式スパルタ英語塾テキストを公開発売!
genpatsu_r.png
「本当のこと」が知りたい--広島・長崎・ビキニからフクシマまで--徹 底取材の全成果
当サイト限定発売!
jouhouhenosahou100_2.jpg
情報への作法
カーナビ、ネット社会、DNA、地方自治…21世紀の今様を先取り、予想したルポの決定版
絶賛販売中!

densishoseki120.jpg
電子書籍を日本一売ってみたけれど、やっぱり紙の本が好き。
自らのサイト上で電子書籍を販売してきた著者だからこそ語れる、紙の書籍の良さ。
絶賛販売中!

koukanngae100-2.jpg
こう考えれば、うまくいく。
サラリーマン時代より20倍の年収となった著者の心も情報もリッチになる「考え方」読本。
絶賛販売中!
Amazonからはこちら

rouvreriso160.jpg
PDF 魔羅の肖像-ルーヴル美術館を笑ふ-
大ベストセラー爆笑オリジナル写真集







soshite2.jpg
『そして殺人者は野に放たれる』
新潮ドキュメント賞受賞のロングセラー