ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

新書マッププレス編『新書マップ』(日経BP社)より

「新書ガイドの決定版」と銘打たれた分厚い本です。
 018 メディア・リテラシーには、こう書かれています。


《『情報の「目利き」になる!』(日垣隆著、ちくま新書)はこの分野の新書では数少ない「ハウツー」的要素を持っているものである。そこでは、大量の情報を効率的に収集する上でのノウハウが「本人の経験」をもとに説明されていく。「メディア・リテラシー基礎編」から始まり、「発信編」「応用編」などがそれに続く構成は、まさにこの分野での「ハウツーもの」を目指したものとなっているが、「個人的な事情や事例」が多く配置され、「純粋なハウツーもの」を期待する向きにとっては少々煩雑な感じが残るであろう。もちろんその「煩雑かつ瑣末な部分」は、読み物としては面白い。》(『新書マップ』P 37〜P38)

■本人によるコメント■


 面白くない文章だなあ。

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る