ID:

パスワード:

前の記事|

1.活字世界

「何なんだこの空気は」
「週刊現代」にて2009年7月から連載中。


(2007年時点での連載)

「どこへ行くのかニッポン」
 「日刊ゲンダイ」に 2005年6月から連載中。毎週木曜日正午発売号(新聞の日付は翌金曜日号)に掲載されます。原稿の締め切りは前日夜です。


「新書一点賭け」
 月刊「文藝春秋」に 2005年6月号から連載開始。店頭に並べられる新書のなかから「今月読むべきベスト1」を紹介します。


「どっからでもかかって来い! 売文生活日記 」
 月刊「 WiLL 」(花田紀凱編集長)に創刊号( 2005年2月号)から連載中。唯一の日記であり、戦闘記録(笑)です。


「多作の人、執念の人 」
 「新潮45」に年2回?3回ほど断続的に連載しています。松本清張からマルクスまで。相手が「多作」なだけに、時間とエネルギーと冊数が半端ではありません。


「敢闘言」
 週刊「エコノミスト」誌に連載中のコラム。 1993年4月からのスタートですから、 14年目に入りました。巻頭言を、と言われて「敢えて闘いつつ言う」の字を思い浮かべてしまったために決まったタイトルです。 99 年3月までの「敢闘言」は、同名の単行本(太田出版)と文庫(文春文庫)になっています。すべてに、「その後」のコメントを付けました。
続編は『急がば疑え!』(日本実業出版社)


「明日の考え方」
 2006年4月から講談社の隔月間「セオリー」にて執筆中。


「初体験物語」
 2008年春から連載するつもりで準備ほぼ完了。初めての入学・初めての遠足・初めての部活・結婚式・就職......。


「私は誰?」
 朝鮮戦争の陰で国籍を無くした女性、病死した夫が「実在の人物」でなかったことに気づいた妻など 12 の人生を追う。


「通といえば! 販」
 2006年7月から講談社の週刊現代で連載中。


「これでいいの!? 本当に!? 」
 2006年10月から小学館の漫画週刊誌「ビックコミックスピリッツ」にて月一連載開始。


「学校がアホらしいキミたちへ」
 大和書房携帯サイトにて連載。2007年6月末より。


 そのほか単発の企画は想像もできず省略

前の記事|

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る