ID:

パスワード:

前の記事| |次の記事

新連載 脳梗塞日誌(1) マインドセット――チンポとアナルの話

ふつう、マインドセット、またはマインドリセットというのは、旧態の方法を改め良き処方に部分的に変える方法のことだ。

 ここでは、そんな格好のいいものではないし、そもそも選択の余地がないという場合が多い。
 1.拒否る 2.手を抜く 3.良かれと思うことはマインドセット(ここではマインドリセットの意味で使う)を前提として、とにかくやりきること。

 1.2.3.の中で3を選ぶと言えばきっと格好がいいように思われるかもしれない。男たちの大半は日ごろからこんな話をしがちである。ナースにどこまで見られることがOKかというような。
 女性にはピンとこないかもしれないから、少し詳しく解説してみよう。恋人(全部)や妻たち(一部)にはムニャムニャされたいくせに、多くの女性が好んでやっているわけではないことを理解せず、相手に喜んでもらいたいとか、この人とならここまでしてみたいという純粋な気持ちからムニャムニャに至っているにもかかわらず、多くの莫迦男は(含む俺)は相手が好きでやっているように思いたい生物であるらしい。やっぱり、俺はそのことに気づいているから莫迦な男たちから除外しておきたいけれども、謙虚さを込めて(含む俺)としておいてあげるね。
 突然知らない女に道端で、ということはあり得ないから、ナースに対してならどこまで見せられるかというような話題になることが多い(として欲しい)。

 自分は、チンポコを見せなければいけない事態に至ったら腹を切る、と本気で考えている男たちもいる(今年11月24日までの俺)。男性の半分が前立腺にいずれは問題を抱えるのだからそこは譲ってもいいが、アナルだけは死守したい、という男たちも少なくない。

 女性やナースにしてみれば、男たちがそんなことを真剣に考えていること自体、莫迦に思えるに違いない。自分で風呂に入れなくなったら、手伝ってくれる人は男の人がいいとか、家だったらどうするんだとか、若い美しい女性の方がいいとか、ババアの方がいいとかジジイの方がいいとか、ジジイなら俺が入れてやるよ、など百家争鳴である。高みから言わせてもらおう、諸君、きみたちは、未熟者だ。

 現実にそのような身になってみれば、恥ずかしがっている選択の余地はないものだ。あーだこーだと議論しているのは先ほど未熟者と敬意を込めて呼んでみたけれども、本当のことを言えばこんな議論を繰り返している時が、いかに幸せなひと時だったかを認めよう。ただし、チンポ権やアナル権さえも失った今の私は断じて自分を恥じてはいない。そこを誤解しないでいただきたい。

 11月25日にグアムのホテルで友達とともに軽い朝食を7時から取り、絶好調の体調を感じながら立ち上がった瞬間、人生とともに脆くも崩れ落ちた。7時間後に救急車を呼んでもらい海兵隊病院に運ばれることになった。当時、私は自分の意志を言葉で伝えることができない状態に陥っていたが、人の言葉は頭の中で理解することができていた。ここで言いたいのは、6泊7日に及ぶグアム島最大の病院では一度もシャワーを浴びることはできなかったことと(二度、ベッドの上での清拭はやってもらっている)、今から思えば危険な選択でもあり、ここで飛ばなければ日本で治療を受けられないというタイミングでの帰国であった。

 本人や友人たちは私の体が深刻であることはわかっており、成田空港で待ち受けていたスタッフの一人が車椅子を手配してくれていたり、介護タクシーを手配してくれていたり万全の態勢で臨んでいたものの、専門医やナースからは、なんですぐに救急車で駆けつけなかったのかと何度も言われた。けれども、それは専門家だからよく知っていることである。成田に夜10時ごろ着いて救急車を呼ぶのは悪いよなあと考えて翌朝まで待つことは確かに無知な面があったかもしれないが、当事者や仲間たちは全力で行動したとも言えるし、今から思えば、グッドタイミングでもあり、よくこんなことをして無事だったと思うこともなくはない。

 家で1日過ごすというのは、現時点で見れば、恐ろしい判断だった。狂気にまみれた一夜になったからである。詳しくは別の機会に譲ろう。ここで重要なのは、チンポ権、アナル権についてである。

 自宅に戻ったその翌朝、家族に心配をかけないようにと僕の意志もあったのか、言葉では上手く伝わっていなくても察してくれたのかもしれないスタッフたちと、とにかく大病院に行って待合室にいた際、ギャンブラーの私は事の重大さにいまだ気づかず「今日は入院する確率は50%ぐらいかなあ」と言ったり、思ったりしていた。その病院では9泊10日検査のために過ごすことになるが、そこに半年入院し続けていたら100%私は死んでいたと思う。

 9泊10日目で私の理想に思う病院に入る作戦を大勢が静かに進めてくれたおかげで、その病院と揉めることなく紹介状も出してもらえることになった。最後までブツブツブツブツと言っていたけれども。

 この病院では、清拭はおろか、シャワーやお風呂を一度も気遣ってもらえなかった。もう一度も言っておくけれども、都内で相当に有名な病院である。

 10日目に今の病院に移ったところ、2日にいっぺん、リハビリの一環として清拭や簡易なシャワーどころではなく約45分をかけて本格的な入浴をさせてもらえる。否、24時間すべてがここではリハビリなのであり、洋服を着るとか脱ぐとかトイレに行くことにどれだけ時間がかかっても、患者本人が自分でできる事は終わるまでじっと見守ってくれており、ここからはどうにもならないというところは助けてくれる。

 スタッフの気の遠くなるような我慢力ときめ細かな仕事ぶりは、壮大な理念に対する信念がなければできないものだ。この病院ではどんな重篤な患者も、朝7時から夕飯の後に希望があればパジャマに着替えるまで、全員が普段着を着ている。2番目の病院(日本では最初の病院)では、トイレも食事もベッドの中、5階の病室から地下1階の外来患者もいる検査室に行くに際し、私が「平服で行きたい」と言っても「いいの、いいの」と答えられてしまう。「そうではなくて、私の意志で私服になりたいのです」と言っても、またしても「いいの、いいの」と言われるばかりで諦めざるを得なかった。

 新しい病院ではすべてが違う。話をまた戻せば、この病院では2日にいっぺん入浴するし、立てもしない人間が1日に何回も小便をしたり大便をするのは、これもリハビリや退院後の自立のためにある。立てもしない私なのだから、当初はズボンを下ろしてもらったり、お風呂で体を洗ってくれたりすることから出発した。

 7回目の入浴の時、重大な事態が生じた。28歳の正真正銘の美人が私の入浴担当になったのだ。二人で風呂に入るのとはわけがちがう。キンタマも尻もクソもないのだから。28歳のあこがれの美人ナース。初めて避けたいと思ったのである。すると彼女から「もうひとり、50歳になったばかりの美人看護師もいるから、変わりますか」と質問された。私にとっては人生の岐路である。50歳と言えば私にとってはリアルなのである。わかるかな? わかったことにして欲しい。28歳の美人ナースはそれほどリアルではない。重大な人生の選択肢を前に私は真剣に悩んだ末(5秒ほど)28歳の美人にチンポを見られることを選んだ。

 そのナースも患者のチンコを見たいわけでは絶対ないわけだけれども、避けても見えてしまう。途中で僕の洗えないところを、彼女はフォローしてくれる。私はたいていは自分でできたけれども、動くほうの腕の側面を自分で洗うことはどうしてもできない。もう一つ、前立腺に手は届かない。28歳の美人ナース(しつこいか)は「ごめんなさいね」と言いながら、私の前立腺からアナル方面にかけて丁寧に洗ってくれた。その時には純粋に介護側と自立を目指そうとするおっさんとのリハビリの真剣さだけがそこに残った。

 いまは時々見ていてもらうものの、ズボンの上げ下げを含むトイレの一連の行為や、着替えやシャンプーや体の洗い方を工夫することによって、入浴をほとんどひとりでできるようになってきた。

 それでもいまだチンポ権やアナル権はない。これが現実なのである。恥ずかしいもクソもないではないか。

 だが、日々能力は回復しつつあり、チンポの自由、アナルの自由と言うことがあと数日で実現しそうになっている。

 めでたし、めでたし。

前の記事| |次の記事

 

ページ先頭に戻るトップページに戻る

 

メールマガジンのお申し込み
最新号も、バックナンバーもすぐにお読みいただけます。
「古典講座」にもご参加いただけます。


◆労働時間を減らして所得倍増以上を果たし続けたい。
「クレド特別会員」へのお問い合わせはこちら

日垣隆事務所顧問弁護士団
東京都港区六本木1-8-7 アーク八木ヒルズ11階

verybest logo.gif
gentepdf147.jpg
当サイトのみで購入できます
zepanbar148.jpg
日垣隆著作のうち絶版本が電子書籍で甦りました。
当サイトやamazonで購入できます。




 
nihonnokiseki160.jpg
日本の奇跡--戦後歴代首相による施政方針演説集 
最新更新版 当サイト限定発売!

 
nihonnosensouribon160.jpg
日本の戦争を見に行く
当サイト・kindleで大ヒット販売中


matsusiro100.jpg
「松代大本営」の真実
当サイトのみで新品を販売中


tunagarudokushojutu100.jpg
つながる読書
知識と、世界と、人々と。読書からの新しいつながりかた

DBhyousi_a.png
日垣隆28年間の全著作データベース(Excel)
サラリーマンも過去の仕事を総点検するDBで新たなコンテンツを!
eigojuku-4160.jpg
もう英語では苦労しない――無駄を省いた最強のスパルタ英語45日間
日垣式スパルタ英語塾テキストを公開発売!
genpatsu_r.png
「本当のこと」が知りたい--広島・長崎・ビキニからフクシマまで--徹 底取材の全成果
当サイト限定発売!
jouhouhenosahou100_2.jpg
情報への作法
カーナビ、ネット社会、DNA、地方自治…21世紀の今様を先取り、予想したルポの決定版
絶賛販売中!

densishoseki120.jpg
電子書籍を日本一売ってみたけれど、やっぱり紙の本が好き。
自らのサイト上で電子書籍を販売してきた著者だからこそ語れる、紙の書籍の良さ。
絶賛販売中!

koukanngae100-2.jpg
こう考えれば、うまくいく。
サラリーマン時代より20倍の年収となった著者の心も情報もリッチになる「考え方」読本。
絶賛販売中!
Amazonからはこちら

rouvreriso160.jpg
PDF 魔羅の肖像-ルーヴル美術館を笑ふ-
大ベストセラー爆笑オリジナル写真集







soshite2.jpg
『そして殺人者は野に放たれる』
新潮ドキュメント賞受賞のロングセラー